映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトル・ミス・サンシャイン

リトル・ミス・サンシャイン(LITTLE MISS SUNSHINE)
映画ジャンル/ドラマコメディ

リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ミス・サンシャイン

2006年(アメリカ)
監督/ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス
製作/アルバート・バーガー、ピーター・サラフ、デヴィッド・T・フレンドリー、マーク・タートルトーブ、ロン・イェルザ
脚本/マイケル・アーント
撮影/ティム・サーステッド
音楽/マイケル・ダナ
出演/グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル、アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン、ブライアン・クランストン、マーク・タートルトーブ、ベス・グラント、ゴードン・トムソン、メアリー・リン・ライスカブ、マット・ウィンストン、ジェフ・ミード、ジュリオ・オスカー・メチョソ、ウォレス・ランガム
映画賞/第79回アカデミー助演男優賞(アラン・アーキン)、脚本賞(マイケル・アーント)。第32回LA批評家協会ニュー・ジェネレーション賞(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス、マイケル・アーント)。第60回英国アカデミー助演男優賞(アラン・アーキン)、オリジナル脚本賞(マイケル・アーント)。第22回インディペンデント・スピリット作品賞、監督賞(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス)、助演男優賞(アラン・アーキン、ポール・ダノ)、新人脚本賞(マイケル・アーント)。第12回放送映画批評家協会アンサンブル演技賞、脚本賞(マイケル・アーント)、若手男優賞(ポール・ダノ)、若手女優賞(アビゲイル・ブレスリン)。第19回東京国際映画祭最優秀監督賞(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス)、最優秀女優賞(アビゲイル・ブレスリン)。第32回セザール外国映画賞(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス)。
壁紙/リトル・ミス・サンシャイン壁紙1280x1024。

映画リトル・ミス・サンシャインのあらすじ

夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く―――

アリゾナ州の田舎町に住むフーヴァー一家は、家族それぞれに問題を抱えていた。

パパのリチャードはうさんくさい人生哲学を語り“負けを拒否する!”をモットーとする成功論提唱者。

長男ドウェーンは巨大なニーチェ画を飾った自室にこもり、沈黙を続ける変わり者。

小太りで眼鏡をかけた9歳の妹オリーヴはビューティー・クィーンを夢見て、ミスコンのビデオを研究中。

ヘロイン吸引で夢見心地となっているグランパは勝手言いたい放題。

そんな平穏とは程遠いフーヴァー家の主婦シェリルが、夫リチャードの反対をよそに、自殺未遂で入院していた兄フランクを自宅へ連れ帰る・・・

映画リトル・ミス・サンシャインの感想(※ネタばれ注意!)… 4/5点

映画リトル・ミス・サンシャインの感想を読む ≫

鉄コン筋クリート

鉄コン筋クリート
映画ジャンル/アニメドラマクライムバイオレンス

鉄コン筋クリート (通常版)
鉄コン筋クリート (通常版)

2006年(日本)
監督/マイケル・アリアス
アニメーション製作/STUDIO4℃
脚本/アンソニー・ワイントラーブ
原作/松本大洋
美術監督/木村真二
色彩設計/伊東美由樹
音楽/Plaid
声の出演/二宮和也(クロ)、蒼井優(シロ)、伊勢谷友介(木村)、宮藤官九郎(沢田)、大森南朋(チョコラ)、岡田義徳(バニラ)、森三中(小僧)、納谷六朗(じっちゃ)、西村知道(藤村)、麦人(組長)、田中泯(ネズミ)、本木雅弘(蛇)
壁紙/鉄コン筋クリートの壁紙 1280x1024

映画鉄コン筋クリートのあらすじ

義理と人情とヤクザの地獄の街、宝町。

その街を根城として自由に飛び回るネコと呼ばれる2人の少年、クロとシロ。

ある日、昔なじみのヤクザ、通称ネズミが街に戻ってきた。ずっと変わらなく見えた宝町に、子供の城建設プロジェクトなる不穏な動きが見え始める。

不気味な3人組の殺し屋、背後にチラつく謎の男、蛇。

宝町が大きく動く時、2人の運命も大きく揺り動かされる―――

映画鉄コン筋クリートの感想 … 4/5点

映画鉄コン筋クリートの感想を読む ≫

ダイハード4.0

ダイハード4.0(Die Hard 4.0 / Live Free Or Die Hard)
映画ジャンル/アクション

ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組)
ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組)

2007年(アメリカ)
監督/レン・ワイズマン
製作/ジョン・マクティアナン
脚本/マーク・ボンバック
原案/マーク・ボンバック、デヴィッド・マルコーニ
撮影/サイモン・ダガン
音楽/マルコ・ベルトラミ
出演/ブルース・ウィリス、ジャスティン・ロング、ティモシー・オリファント、クリフ・カーティスボウマン、マギー・Qマイ・リン、シリル・ラファエリランド、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ケヴィン・スミス、ジョナサン・サドウスキー、クリスティーナ・チャン、ジェリコ・イヴァネク、ヤンシー・アリアス、サン・カン
壁紙/Live Free Or Die Hard 壁紙(海外)ダウンロード方法(ENTER→QUICKNAV→DOWNLOADS)、ダイハード4.0壁紙(国内)

映画ダイハード4.0のあらすじ

あの男、再起動―――

アメリカ独立記念日の前夜。ワシントンDCのFBI本部に設置されたサイバー犯罪部に異変が起こった。

全米のあらゆるインフラを監視するシステムに、何者かがハッキングを仕掛けてきたとの情報が入り、凄腕のハッカーたちを連行すべく一斉捜査が開始される。

その頃、ニューヨーク市警(NYPD)のジョン・マクレーン警部補は、娘ルーシーに会うため管轄外であるニュージャージー州の大学に立ち寄っていた。

久しぶりの再開も空しく、ルーシーの冷たい対応に肩を落とすマクレーン。

その時、マクレーンのもとに、近くに住むマットというハッカーの身柄を確保し、FBI本部まで連行せよとの無線が入る。それこそが不運の始まりだった・・・

映画ダイハード4.0の感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

映画ダイハード4.0の感想を読む ≫

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ(Warriors Of The Wind)
映画ジャンル/アニメファンタジーアクションSF

風の谷のナウシカ
風の谷のナウシカ

1984年(日本)
監督/宮崎駿(宮駿)
製作/徳間康快、近藤道生
プロデューサー/高畑勲
脚本/宮崎駿
原作/宮崎駿
撮影/白神孝治、首藤行朝、杉浦守、清水泰弘
音楽/久石譲
声の出演/島本須美(ナウシカ)、辻村真人(ジル)、納谷悟朗(ユパ)、京田尚子(大ババ)、永井一郎(ミト)、宮内幸平(ゴル)、八奈見乗児(ギックリ)、矢田稔(ニガ)、吉田理保子(トエト)、松田洋治(アスベル)、冨永みーな(ラステル)、寺田誠(ペジテ市長)、坪井章子(ラステルの母)、榊原良子(クシャナ)、家弓家正(クロトワ)、菅谷政子、貴家堂子、坂本千夏、TARAKO、水鳥鉄夫、中村武己、太田貴子、島田敏、野村信次、大塚芳忠、鮎原久子
壁紙/風の谷のナウシカ壁紙

映画風の谷のナウシカのあらすじ

火の7日間と呼ばれる戦争により文明は崩壊した。1000年が過ぎ、世界は有毒な菌類の森、腐海(ふかい)に覆われようとしていた―――

腐海のほとりにある辺境の小国「風の谷」。

その「風の谷」の族長ジルの娘であるナウシカは、腐海に生息する獰猛な蟲と心を通わせ、メーヴェ(風使いが用いる凧)を操り鳥のように自由に空を飛ぶ少女。

ある日、ナウシカがいつものように腐海を探索していると、蟲のなかでも最大・最強を誇る王蟲(オーム)の抜け殻を発見する。

村人のため、抜け殻を持ち帰ろうとした時、蟲に襲われている人の気配を感じ救助に向かう。そこには怒りに我を忘れた王蟲が、師であるユパを猛追する姿が・・・

映画風の谷のナウシカの感想 … 5/5点

映画風の谷のナウシカの感想を読む ≫

天空の城ラピュタ

天空の城ラピュタ(LAPUTA: Castle In The Sky)
映画ジャンル/アニメアドベンチャーファンタジー

天空の城ラピュタ
天空の城ラピュタ

1986年(日本)
監督/宮崎駿(宮駿)
製作/徳間康快
プロデューサー/高畑勲
脚本/宮崎駿
原作/宮崎駿
撮影/高橋プロダクション、高橋宏固
音楽/久石譲
声の出演/田中真弓(パズー)、横沢啓子(シータ)、初井言榮(ドーラ)、寺田農(ムスカ)、常田富士男(ポムじい)、永井一郎(将軍)、糸博(親方)、鷲尾真知子(おかみ)、神山卓三(シャルル)、安原義人(ルイ)、亀山助清(アンリ)、TARAKO(マッジ)、槐柳二(老技師)
壁紙/天空の城ラピュタ壁紙1 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙2 1024x819、天空の城ラピュタ壁紙3 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙4 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙5 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙6 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙7 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙8 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙9 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙10 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙11 1400x791、天空の城ラピュタ壁紙16枚 1024x768

映画天空の城ラピュタのあらすじ

ラピュタは本当にあったんだ―――

スラッグ峡谷に住んでいる見習い機械工の少年パズー。

ある日、空から降りてきた少女シータを助け自宅にかくまう。シータの首には浮力を持つ謎の鉱石「飛行石」が青く光っていた。

一夜明け、パズーの家にシータの持つ「飛行石」を狙い海賊ドーラ一家が訪れる。パズーはシータを連れ逃走を図った。

ところがその行く手に、「ラピュタ帝国」を捜索中の国防軍が現れる・・・

映画天空の城ラピュタの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画天空の城ラピュタの感想を読む ≫

≪ BACK  | HOME |  NEXT ≫

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。