映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花とアリス

花とアリス
映画ジャンル/青春コメディラブストーリー

花とアリス 特別版
花とアリス 特別版

2004年(日本)
監督/岩井俊二
脚本/岩井俊二
撮影/角田真一
美術/種田陽平
音楽/岩井俊二
出演/蒼井優、鈴木杏、郭智博、相田翔子、阿部寛、平泉成、木村多江、坂本真、大沢たかお、広末涼子、ふせえり、ルー大柴、アジャ・コング、叶美香、伊藤歩、中野裕之、虻川美穂子、梶原善、テリー伊藤、大森南朋、松尾れい子
映画賞/第14回日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞(蒼井優

映画花とアリスのあらすじ

―――君、だれ?

中学卒業を控えた荒井花(ハナ)と有栖川徹子(アリス)の2人は同じバレエ教室に通う親友。

ハナは通学電車の中で見かけた高校生の宮本に密かに恋をしていた。

やがてハナとアリスは宮本と同じ高校へ進学し、ハナは憧れの宮本と同じ落研に入部する。

明くる日、宮本が歩きながら落語の本を読んでいると、熱中するあまりシャッターに頭をぶつけ転倒してしまう。後をつけていたハナは慌てて駆け寄り、意識朦朧とする宮本に、自分が恋人だと信じ込ませようとする・・・

映画花とアリスの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画花とアリスの感想を読む ≫

フラガール

フラガール
映画ジャンル/ドラマコメディ

フラガール メモリアルBOX
フラガール メモリアルBOX

2006年(日本)
監督/李相日(リ・サンイル)
製作/李鳳宇(イ・ボンウ)、河合洋、細野義朗
脚本/李相日、羽原大介
撮影/山本英夫
美術/種田陽平
音楽/ジェイク・シマブクロ(Jake Shimabukuro)
出演/松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、富司純子、山崎静代、岸部一徳、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、大河内浩、菅原大吉、山田明郷、高橋克実
映画賞/第30回日本アカデミー作品賞、助演女優賞(蒼井優)、監督賞(李相日)、脚本賞(李相日、羽原大介)、話題賞。第49回ブルーリボン作品賞、主演女優賞(蒼井優)、助演女優賞(富司純子)

映画フラガールのあらすじ

人生には降りられない舞台がある―――
町のため、家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女達はフラダンスに挑む

昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。この町の男達は数世代に渡り炭坑夫として働き、女達もまた選炭婦として働いてきた。

しかし、時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次いでいる。
この危機を救うために炭鉱会社が構想したのが、レジャー施設「常磐ハワイアンセンター」だった。

「求む、ハワイアンダンサー」
の貼り紙を見つけた早苗は紀美子を誘い説明会へと向かう。

明くる日、東京からフラダンスの教師としてプロのダンサーを招くが、教える相手がズブの素人と知り、完全にやる気を失ってしまう・・・。

映画フラガールの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画フラガールの感想を読む ≫

七人の侍

七人の侍(Seven Samurai)
映画ジャンル/時代劇アクションドラマ

七人の侍(2枚組)<普及版>
七人の侍(2枚組)<普及版>

1954年(日本)
監督/黒澤明
製作/本木荘二郎
脚本/黒澤明、橋本忍、小国英雄
撮影/中井朝一
音楽/早坂文雄
出演/三船敏郎、志村喬、津島恵子、藤原釜足、加東大介、木村功、千秋実、宮口精二、小杉義男、左卜全、稲葉義男、土屋嘉男、高堂国典、熊谷二良、富山晴子、東野英治郎、上田吉二郎、谷晃、中島春雄、多々良純、堺左千夫、渡辺篤、小川虎之助、千石規子、山形勲、上山草人、高木新平、大友伸、高原駿雄、大久保正信、大村千吉、杉寛、林幹、牧壮吉、千葉一郎、堤康久、宇野晃司、島崎雪子、仲代達矢
映画賞/第15回ヴェネチア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞

映画七人の侍のあらすじ

時は戦国時代―――

収穫の季節を迎えるとある農村では、野盗と化した野武士の横暴に苦しみ怯える百姓達が暮らしていた。戦う術を知らない百姓達は侍を雇う事を思いつく。

早速4人の百姓が村の存続を背負い町へと侍探しへ向かう。貧しい百姓に雇われようと言うもの好きな侍は見つからず、また、侍の善し悪しも見抜けず空腹と絶望感が募って行く―――

そんな折、盗人が子供を人質に農家に立てこもる騒動が起きる。その子供を救出すべく1人の初老の浪人が現れる―――

映画七人の侍の感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画七人の侍の感想を読む ≫

セブン

セブン(Seven)
映画ジャンル/サスペンスバイオレンスドラマクライム

セブン プラチナム・エディション【初回限定生産】
セブン プラチナム・エディション【初回限定生産】

1995年(アメリカ)
監督/デヴィッド・フィンチャー
製作/アーノルド・コペルソン、フィリス・カーライル
脚本/アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
撮影/ダリウス・コンジ
音楽/ハワード・ショア
タイトルデザイン/カイル・クーパー
出演/ブラッド・ピットモーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、ジョン・C・マッギンレー、リチャード・ラウンドトゥリー、R・リー・アーメイ、マーク・ブーン・Jr、ダニエル・ザカパ、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー、ジョン・カッシーニ、ボブ・マック、ピーター・クロンビー、レグ・E・キャシー、ジョージ・クリスティ、リチャード・ポートナウ、ハイジ・シャンツ、エミリー・ワグナー、ケヴィン・スペイシー
映画賞/第62回NY批評家協会助演男優賞(ケヴィン・スペイシー)、第5回MTVムービー・アワード作品賞、悪役賞(ケヴィン・スペイシー)、魅惑的な男優賞(ブラッド・ピット)、第39回ブルーリボン外国作品賞

映画セブンのあらすじ

Gluttony(大食)、Greed(強欲)、Sloth(怠惰)、Lust(肉欲)、Pride(高慢)、Envy(嫉妬)、Wrath(憤怒)

「7つの大罪」は7人の死で完成する―――

新任刑事ミルズと退職間近のベテラン刑事サマセットは異様な殺人現場へと向かう。そこには食べ物の中に顔を埋め息絶えた極限まで肥満した男の死体があった。やがてベテラン刑事サマセットは、殺人現場に残された「大食」の文字を発見する。退職を間近に控えていたサマセットの脳裏に暗雲が立ち籠めはじめる…

映画セブンの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画セブンの感想を読む ≫

ティム・バートンのコープスブライド

ティム・バートンのコープスブライド(Tim Burton's Corpse Bride)
映画ジャンル/アニメファンタジーラブストーリーコメディ

ティム・バートンのコープスブライド 特別版
ティム・バートンのコープスブライド 特別版

2005年(イギリス)
監督/ティム・バートン
製作/アリソン・アベイト、ティム・バートン
脚本/パメラ・ペトラー、キャロライン・トンプソン、ジョン・オーガスト
撮影/ピート・コザチク
音楽/ダニー・エルフマン
声の出演/ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、エミリー・ワトソン、トレイシー・ウルマン、ポール・ホワイトハウス、アルバート・フィニー、ジョアンナ・ラムレイ、リチャード・E・グラント、クリストファー・リー、マイケル・ガフ、ジェーン・ホロックス、ダニー・エルフマン、ディープ・ロイ

映画ティム・バートンのコープスブライドのあらすじ

むかしむかし、19世紀のヨーロッパのとある小さな村にビクターという青年と、ビクトリアという女性が暮らしていました。ビクター家は魚の缶詰業で成り上がり、お金はあるのですが品格というものが欠けていました。一方、ビクトリア家は由緒のある貴族なんですが、お金がなく、金庫にはクモの巣が張られている有様。そんな家庭環境を持ったビクターとビクトリアは、双方の親の目論みで、面識もないまま結婚することとなりました。しかし、内気なビクターは式のリハーサルで失敗を重ね、ついに結婚式は延期になってしまいます。すっかり落ち込んだ彼は暗い森へと1人、とぼとぼ向かいます。カラスが鳴く寂しい森の中で、結婚の誓いの言葉や、地面から突き出た細い小枝を女性の指に見立て、指輪をはめる練習をしていると…

映画ティム・バートンのコープスブライドの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画ティム・バートンのコープスブライドの感想を読む ≫

≪ BACK  | HOME |  NEXT ≫

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。