映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイダーマン3

スパイダーマン3(Spider-man 3)
映画ジャンル/アクションSF

スパイダーマンTM3 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) (初回限定豪華アウターケース付)
スパイダーマンTM3 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) (初回限定豪華アウターケース付)

2007年(アメリカ)
監督/サム・ライミ
製作/スタン・リー
脚本/アルヴィン・サージェント、アイヴァン・ライミ、サム・ライミ
撮影/ビル・ポープ
音楽/クリストファー・ヤング
出演/トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、トファー・グレイス、ブライス・ダラス・ハワード、ジェームズ・クロムウェル、ローズマリー・ハリス、J・K・シモンズ、ビル・ナン、エリザベス・バンクス、ディラン・ベイカー、テレサ・ラッセル、クリフ・ロバートソン、ジョン・パクストン、テッド・ライミ、ブルース・キャンベル、パーラ・ヘイニー=ジャーディン、エリヤ・バスキン、マゲイナ・トーヴァ、スタン・リー、ベッキー・アン・ベイカー

映画スパイダーマン3のあらすじ

もう一人の敵、それは「自分」―――

スパイダーマンことピーター・パーカーはNY市民にスパイダーマンとして賞賛され、大学での成績もトップ、ブロードウェイ・デビューを果たした愛しのMJ(メリー・ジェーン)との関係も良好で、プロポーズの機会を伺っていた。

しかし、そんな幸せなピーターのもとへ、父の復讐に燃える親友ハリー、謎の黒い液状生命体、伯父を殺した真犯人であるフリント・マルコと、数々の問題が舞い込んでくる―――

映画スパイダーマン3の感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

シリーズ1・2と、期待以上のものを観せてくれたスパイダーマンの最新作3を劇場で鑑賞してきました。

制作費が史上最高の3億ドルに達したことでも話題の映画でしたが、個人的には期待以上のものは少なく感じてしまいました。確かに映像の迫力はあるのですが、幾つかのシーンで何がどうなっているのか良く分からなくなってしまったのが要因の1つかも知れません。

また、アクションシーンの創造性と言った意味でも、新しさを感じられませんでした。1から2の時に一番驚いた部分であり、一番期待していた部分だったのですが、2迄である程度出尽くしてしまったのかなぁ・・・と、少し残念な気持ちになりました。

ドラマ的な要素は初めから期待していなかったのですが、鑑賞中ストレスを感じ、この映画への評価を下げている一番の要因だと思います。

注)ネタばれ危険!XXXXXXXXXXX
未見の方はココより下は読まないで下さい。

まず、MJとの想い出のキスを、他の女性と調子に乗ってしてしまうピーターにはガッカリでした。

また、ハリーの家でちょっと優しくされたからと言いキスするMJにもガッカリです。『尻軽!』と思わずにはいられず、その原因を考えるとピーターの調子に乗った笑顔が蘇り『も~!馬鹿ップル!』とイライラが募りました。

また、ハリーのボンボン的な性格にもイライラし、父の死の真相を隠していた執事に至っては「おい!」と映画館で叫んでしまいそうなほど、その暢気な性格に頭に来てしまい、それについて怒りが湧かないハリーに、延いては制作者達に、ブラックスパイダーマンよりダークな客の胸の内を、僭越ながら代表し伝えたくなりました。

ある意味、映画のキャッチコピーである「もう一人の敵、それは自分」は深い言葉だなと思いました。

――かなり酷評になってしまいましたが、期待していたからと言った部分も多いですし、視覚的には楽しめた部分も沢山あります。これでクライマックスだと思うと残念です。それとも4があるのでしょうか?

映画一覧リストを見る。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

≪ 映画山脈は変わります  | ホーム |  スパイダーマン2 ≫

Comment

こんばんは。
僕はスパイダーマンは「1」しか見てないんです。 でも、書かせてください。
スパイダーマン1の公開当時はなんで「この女の子がヒロインなんだろ?」って思ってましたが、キルステン・ダンストが最近ではとても魅力的に見えます。
いや、ただそれだけなんですが、スパイダーマン3のテレビCMを見てそう思ったので書いちゃいました。 すいません^^

yutakaさん、こんばんは★

yutakaさんが仰るとおりキルステン・ダンストは魅力的になりましたよねi-179
僕も「1」で彼女を初めて見た時は少し引っかかるものがありましたが「2」の時点で『あれ?奇麗になったのかな?』と思った1人です。
でも、個人的にはMJは絶世の美女より『好きな人もいるだろう』みたいな、クラスで6番目くらいの美女で良いように思っています。
原作を読んだことがないので実際の設定はどうなのか分かりませんが、ピーターは少しだけ世間離れしている青年だと思っているせいか、なんとなく自然なキャスティングに思えていた部分なので、キルステン・ダンストにはあまり奇麗にならないで欲しいです。
似たような理由で、映画「ロッキー」のエイドリアンも好きなキャスティングでしたi-179

>>書いちゃいました。 すいません^^

いえいえ。コメントありがとうございますi-185
管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。