映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンタッチャブル

アンタッチャブル(The Untouchables)
映画ジャンル/ノンフィクションクライムアクションドラマ

アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション
アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション

1987年(アメリカ)
監督/ブライアン・デ・パルマ
製作/アート・リンソン
脚本/デヴィッド・マメット
撮影/スティーヴン・H・ブラム
音楽/エンニオ・モリコーネ
出演/ケヴィン・コスナー、ショーン・コネリー、アンディ・ガルシア、チャールズ・マーティン・スミス、ロバート・デ・ニーロ、ビリー・ドラゴ、リチャード・ブラッドフォード、ジャック・キーホー、ブラッド・サリヴァン、パトリシア・クラークソン
映画賞/第60回アカデミー助演男優賞(ショーン・コネリー)、第45回ゴールデングローブ助演男優賞(ショーン・コネリー)、第41回英国アカデミー作曲賞(エンニオ・モリコーネ)、第30回ブルーリボン外国作品賞。

映画アンタッチャブルのあらすじ

1930年、禁酒法はシカゴをギャング戦争の街に変えた。

10億ドルの密売酒のあがりをめぐり、各組織は手投げ弾と機関銃で血で血を洗う抗争を続けた。それはギャングの時代であり、アル・カポネの時代だった―――

ある日、アル・カポネの街と化していたシカゴに、財務局捜査官のエリオット・ネスが派遣されてくる。酒の密売ルートの情報を得たネス捜査官は、シカゴ警察官らを引き連れ、酒が運び込まれた倉庫へと踏み込む。

しかし、彼の初捜査は失敗に終わり、シカゴ警察がアル・カポネに買収されていることを知る…

映画アンタッチャブルの感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

久しぶりの鑑賞では、正義とは何なのかを考えさせられる映画でした。

豪華な出演者やセットに加え、効果的なカメラワーク、シーンを盛り上げる音楽といい、極上のエンターテインメント映画だと思います。アンタッチャブルと呼ばれるチームの顔ぶれには華があり、任務に命がけで挑む男達の姿に、多くの方が熱い感動をおぼえるのではないでしょうか。

また、アル・カポネ役のロバート・デ・ニーロの存在感や演技も、彼のファンなら楽しめる映画だと思います。この役を演じるにあたり、ロバート・デ・ニーロは頭髪を抜いていたとパッチさんのブログで知ったので、特に彼の演技や頭部を注視して鑑賞していたのですが、他の出演者との1シーンに対する集中力の差を感じた気がします。

興奮状態のアル・カポネを演じている最中のロバート・デ・ニーロの体内では、その当時の本物のアル・カポネと同じくらいアドレナリンが分泌されているんじゃないか?なんて思わせるくらいの迫真の演技でした。格好良い役者だと思います。

しかし、映画全体を振り返ると、最終的にスッキリしない部分が残ってしまいました。

禁酒法がそもそも市民にとって良い法律ではなかったのでは?とネスは考えなかったのでしょうか?シカゴ警察内の問題解決をしようとする姿が映し出されなかった部分にも、ネスの持つ正義感に疑問を持ってしまいました。

また、ショーン・コネリー演じるマローンが、劇中で帳簿係から自白させる為にとった行動が極悪に思えてしまったので・・・

アンタッチャブルのメンバーを格好良いとしてしまうことに、少しだけ抵抗を持ってしまいました。

でも、エンターテインメント映画だと割り切ってしまえば、とても面白い映画だと思います。

映画一覧リストを見る。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

≪ 40歳の童貞男  | ホーム |  レディ・イン・ザ・ウォーター ≫

Comment

パッチです♪
私の記事で紹介したデ・ニーロの頭髪のことも書いてありますねっ♪
ここまですばらしい演技をされてしまうと、この先誰もアル・カポネを演じることはできないでしょうねっ♪
それほどハマっていたと思います♪

あとネスの正義感ですけど、アル・カポネを逮捕するといったことだけを目的にしていたんだと思います♪
なので私はネスの「正義感」よりもアル・カポネに対する「挑戦」に目がいきました♪

アル・カポネという大きな敵に立ち向かう勇者みたいな感じです(^^)

パッチさん、こんばんは★

そうですね。デ・ニーロを超えるアル・カポネは僕も想像できません。今回の鑑賞で益々デ・ニーロを好きになりましたi-179

ネスの正義感ですが、パッチさんのご意見がごもっともだと思います。特にこの作品は、そういった視線で楽しむべき映画だと思います。

僕も映画はなるべく楽しみたいと思って鑑賞しているつもりなんですが、シカゴ警察に頭に来てしまって・・

市民などからの税金で生計をたてる警察官が、アル・カポネに情報を漏らすことは、アル・カポネと同じくらい、嫌、アル・カポネより卑怯に思えてしまったんですi-231
そうなってくると、ネスにもだんだん頭に来てしまって・・
何故シカゴ警察に噛み付かず、アル・カポネばかりを潰しにかかるのかと思ってしまったんですi-181

ラストでネスが禁酒法がなくなり新聞記者に
「一杯飲むよ♪」
みたいなことを言ってたのですが
『あのシカゴ警察内の悪党共はーー!!?』
と思ってしまったのです。
なので僕の中でネスのラストの台詞は
「リンゴ酒を飲むよ!あのシカゴ警察内の腐ったリンゴ達を擦りおろしリンゴにしてね♪」
に変更済みです・・・

すいません。
1人でベラベラとi-179

でも、面白い映画なだけに、残念でした。

コメントありがとうございますi-179
管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。