映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガタカ

ガタカ(Gattaca)
映画ジャンル/SFドラマサスペンス

ガタカ
ガタカ

1997年(アメリカ)
監督/アンドリュー・ニコル
脚本/アンドリュー・ニコル
音楽/マイケル・ナイマン
出演/イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、アラン・アーキン、ジュード・ロウ、ローレン・ディーン、ゴア・ヴィダル、アーネスト・ボーグナイン、ザンダー・バークレイ、エリアス・コーティアス、ウナ・デーモン、エリザベス・デネヒー、マーヤ・ルドルフ、ブレア・アンダーウッド、メイソン・ギャンブル、トニー・シャローブ、ジェイン・ブルック 映画賞/第5回ジュラルメール・ファンタスティック映画祭審査員特別賞

映画ガタカのあらすじ

残酷なまでに美しい未来…。愛だけでは君に届かない。

遺伝子工学が進歩した近未来。DNA操作によって生まれ、優れた能力を持つ者を「適正者」、自然分娩で生まれた者を「不適正者」とし、社会は遺伝子の優劣で人間の才能を判断していた。ビンセントは自然分娩で生まれた、いわゆる不適正者で、適正者である優れた弟との能力の差を幼い頃から感じていた。やがてビンセントは、遺伝子的に優秀な人材のみ選出される宇宙飛行士を夢見る。到底叶わぬ夢と思われたが、ある決意を胸にDNAブローカーのもとを訪れる。

映画ガタカの感想(※ネタばれ注意!)… 4/5点

静かで美しいSF映画でした。

気分が高揚している時よりも、落ち着いた気分の時に鑑賞すると、劇中の世界観を堪能できるのではないでしょうか。
作品内で遠泳シーンがあるのですが、個人的にはそれこそが、この作品の主題なのかなと深く考えさせられました。

「不適正者」ビンセントを演じるイーサン・ホークは、女性ファンには叱られてしまうかも知れませんが、彼の作り笑いに失敗したような笑顔が苦手なんですが、この映画でもやはりそれを感じてしまいました。
しかしその笑顔が、少し屈折した青年の心情を語るようにも思え、今回の役柄の彼は毛嫌いすることなく鑑賞できました。

「適性者」アイリーンを演じる、この作品のユマ・サーマンは奇麗です。サンドロ・ボッティチェリの絵画に出てくる女性のような美しさで、この作品をきっかけに結婚したイーサン・ホークは、そういった意味でも『感じ悪い』と思ってしまいます。
※どうやら2004年に離婚されてしまっているようです。

「適性者」ジェロームを演じる、ジュード・ロウも絵に描いたような端整な顔立ちで、劇中の「適性者」という存在に説得力を与えていたように思えます。
黙っていても絵になると言うか、表現力豊かな役者さんに思えました。

作品の年代としては逆になってしまいますが、スティーヴン・スピルバーグ監督の「A.I.」で彼を初めて知って、気にはなっていたのですが、この作品の彼を観て好きな役者になりました。
作品自体の感想は今回は記述しませんが、「A.I.」のセックスロボット役の彼も、印象的で良かったです。

これ以上格好つけた映像やセットだと、少々鼻につく雰囲気になってしまいそうな気もしましたが、整然とした生活感のない美しさで近未来を見事に表現していたように思います。
また、キャスティングも、その映像美や世界観と合っていたのではないでしょうか。

目を閉じ、しばらく思いを馳せるようなラストも好きです。

映画一覧リストを見る。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

≪ ソウ2  | ホーム |  ファイト・クラブ ≫

Comment

パッチです♪
「ガタカ」はとても有名ですよねっ♪
私は残念ながら観れてないんです♪
正確には1時間ほどは観てるんです♪
かなり昔ですけどちょうど観ているときに急に予定が入ってしまって、そのまま観れず終いに終わっちゃったんです(>_<)
なので1時間だけということになってしまったんですよねぇ♪

もし機会があったら続きを観てみますねっ(^^)

バッチさん、おはようございます!

僕なんかが知ってるくらいなので、おそらく有名な映画なんだと思いますi-179

1時間だけご覧になったのですかi-125
僕はそう言うの絶対駄目なんですよね。気になって気になって仕方がない状態になってしまうのでi-238
だから、連ドラも録画をためるかレンタルで一気に観ますし、小説・漫画なども一気に読みたいので週刊誌の類いは我慢して読まないんです。
小学生の頃、スラムダンクやドラゴンボールも、本当はジャンプでは読みたくなかったんですよね。でも、まわりの友達とか、みんな話すじゃないですか。
なので読んではいましたが、1週間気になって気になってi-240
勉強なんて、まるで手につかない状態でした。
なので、のび太くんの成績を笑えるような子供ではなかったですねi-239

その点、基本的には1話完結の映画は僕にぴったりですi-179

機会があったら鑑賞してみてください。
お香やアロマ、間接照明、深夜、なるべく落ち着いた気持ちの時に鑑賞するのが僕的にはお勧めですi-228

こんばんは。
この映画は友達のyutaka@客に教えてもらい見ました。
落ち着いた感じの映画で、その中に垣間見れる「適正者」でない事がバレちゃうんじゃないかという緊張感が無機質な近未来という設定にリアリティを与えているのではないかなと思ったりします。
ジュード・ロウという役者は僕も好きですよ。 この映画では彼視点で見てました。 すごい切ない気持ちが自分でも感じれるような演技で本当に良かったです、彼。
なんて偉そうに書きましたが、この映画見たの何年も前なので細かい所は忘れてしまっていてあまり説得力無いなって書いて思いました。
また見直そう。

yutakaさん、こんばんは★

yutaka@客さんのお勧めで観ていたのですね。
いきなり関係ない話になってしまいますが、la vita continuaにお邪魔させて頂いた最初の頃、「yutaka」さんと「yutaka@客」さんは同一人物で、一人二役しているというか、ご自分の記事に、ご自分でコメントしているのかと思ったことがありましたi-179

いや、その後、yutakaさんのコメントがあったので、すぐに友達なんだろうなと気がつきましたけど、yutaka@客さんのコメントだけポツンとあるのを見た時は、こみ上げるものがありましたi-241

>>無機質
この映画の感想を書いている時に、頭の中でその言葉を必死に探しまわっていました。結局見つからず『整然とした生活感のない』なんて表現をしていたので、スッキリしました。

ジュード・ロウ良いですよね。僕もこれから要チェックですi-220

>>なんて偉そうに書きましたが、この映画見たの何年も前…
僕もと言ったらおかしいですが、映画観て1週間以内くらいじゃないと、感想って書けないです。特に僕のように知ったような口長で感想を書くのは…
カメラワークがどうとか、あの演技が良いだの悪いだの…
まるで役者か監督経験者みたいな知ったような感想だなぁと、自分でも思う時があります。
いつだったか、la vita cotinuaでネタをパクろうとしたのは、実はこのへんのモヤモヤを書こうとしたんですが、やっぱりまだ文章に出来そうにないですi-182


コメントありがとうございますi-179
機会があったら観てみてください。

度々失礼します。
yutaka@客は友達で、一緒の名前なので僕と一緒の「yutaka」と名乗ってます。 彼なりの悪ふざけなんでしょう。

≫僕のように知ったような口長で感想を書く
これはピクセルさんが思った、感じた事なので映画監督や演技の経験、未経験は関係ないと思いますよ。 ピクセルさんのブログなので思いっきりピクセルさん目線から映画について感想や批評をしても良いと思います。 むしろ、そういう素直な意見が映画という世界を良くしていくのだと思いますから。 どんどん発信してくださいね。
と、またしても偉そうな事を言いました。 なんだか出しゃばり過ぎですね、以後自粛します。

yutakaさん、こんばんは★

なるほど、お茶目な悪ふざけですねi-179

そうですよね。感想ってそういうものですよね。観てない映画の感想を言うのはおかしな話ですが、僕が観た映画で、僕の感想ですからね。
ありがとうございます。なんか、また少し照れがなくなり、自分らしい感想が書けるようになりそうです。

>>なんだか出しゃばり過ぎですね、以後自粛します。
いえいえ、とんでもない。そんな風には全然感じませんでしたよ。自分の中で少し吹っ切れたような気分なので、次の映画の感想はめちゃくちゃ偉そうになってるかもですi-278

「監督は映画を履き違えている!」
「役者なのか役立たずなのか疑問である。」

みたいになり始めたら注意してくださいi-239

コメントありがとうございますi-179

こんにちは!ピクセルさん。
ピクセルさんがこの映画をいち早くご紹介されていらっしゃったのは存じませんでした!(その事を知らなかったので、パッチさんの所で、ご紹介がありました!パッチさんは本当に面倒見が良い方ですよね。私も見習わなければないりませんが)おおらかな私らしいと笑ってやって下さいね^^。
感想読ませていただきました!ありがとう♪
って、コメントになってないですよね(汗)
では^^

ぴーちさん、こんにちは。

僕もぴーちさんの記事に限らず、僕がお邪魔させて頂いている方のブログの記事を全て読んでいる訳ではないですし、どうぞお気遣いなくi-179

>>パッチさんは本当に面倒見が良い方ですよね。
そうですね。ぴーちさんもだいたいはご存知だと思いますが、ブログのSEOのことをとても親身にご教授して頂いたり、映画の知識などを記事やコメントから勉強させて頂いています。なので、ぴーちさんの見習いたいというお気持ち、おそらく僕も一緒ですi-185

>>感想読ませていただきました!ありがとう♪
いえいえi-201
こちらこそコメントありがとうございますi-185
管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。