映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴッドファーザー

ゴッドファーザー(The Godfather)
映画ジャンル/ドラマクライム

ゴッドファーザー
ゴッドファーザー

1972年(アメリカ)
監督/フランシス・フォード・コッポラ
脚本/フランシス・フォード・コッポラ、マリオ・プーゾ
原作/マリオ・プーゾ
音楽/ニーノ・ロータ
出演/マーロン・ブランドアル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ジョン・カザール、ロバート・デュヴァル、ダイアン・キートン、リチャード・カステラーノ、タリア・シャイア、スターリング・ヘイドン、ジョン・マーリー、リチャード・コンテ、アル・レッティエリ、フランコ・チッティ、ジョー・スピネル、エイブ・ヴィゴダ、ジャンニ・ルッソ、ルディ・ボンド、アレックス・ロッコ、シモネッタ・ステファネッリ、アンジェロ・インファンティ
映画賞/第45回アカデミー作品賞、主演男優賞(マーロン・ブランド※受賞拒否)、脚色賞

映画ゴッドファーザーのあらすじ

イタリアのシシリー(シチリア)からアメリカに移住し、巨万の富と権力を手に入れていたマフィア、コルレオーネファミリー。ある日、麻薬を商売にしている残忍な男ソロッツォが、資金援助を求め話しを持ちかける。コルレオーネのドン(ボス)は、膨大な利潤を納得しながらも、その話しを丁重に断る。だが、その話しを拒否したことから、やがて血で血を洗う抗争へと発展してしまう…

映画ゴッドファーザーの感想 … 5/5点

この映画で一番強く印象に残ったのは俳優マーロン・ブランドでした。癖のある演技なのですが、巨大マフィアのボスと言う役を、想像力豊かに演じていてとても楽しめました。

その象徴的なのが、ご存知の方も多いとは思いますが、劇中の彼の頬に脱脂綿が忍び込ませてあったことです。マーロン・ブランド自身のアイデアらしいのですが、キャラクターを際立たせる役目と共に、一般人とは違う『何か』を感じさせる、重要な要素になっていたと思います。その『何か』とは、カリスマ性なのか、威圧感なのか、時には哀愁さえ漂わせていたような…
一言では言えないような多様さがあったと思います。

勿論、頬の膨らみだけでなく、演技の旨さがあってこそだとは思うのですが、この単純なアイデアが作品に与えた効果は、思いのほか大きかったように感じました。

映画全体を振り返ると、キャスティングの良さが秀逸だったのではないでしょうか。それぞれが本当に適役に思え、会話シーンの多い映画だと思うのですが、退屈するどころか緊張感や心情が伝わってくるようで、物語を更に楽しめた気がします。

マフィア映画の名作と呼び声高い作品ですが、血なまぐさいだけでなく、家族の愛を感じられるのがその由縁だと思います。

映画一覧リストを見る。

【関連情報】
ゴッド・ファーザーの台詞で描かれたマーロン・ブランドポップアートポスター。パソコンの壁紙用にサンプルの大きい画像はダウンロード済み。
後日、ゴッドファーザーの壁紙も集めてみました。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

≪ シティ・オブ・ゴッド  | ホーム |  9デイズ ≫

Comment

管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。