映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋のドッグファイト

恋のドッグファイト(DogFight)
映画ジャンル/ラブストーリー

恋のドッグファイト
恋のドッグファイト

1991年(アメリカ)
監督/ナンシー・サボカ
脚本/ボブ・コンフォート
出演/リバー・フェニックス、リリ・テイラー、リチャード・パネビアンコ、アンソニー・クラーク、ミッチェル・ホイットフィールド、ホリー・ニア、E・G・デイリー、ブレンダン・フレイザー

映画恋のドッグファイトのあらすじ

1963年、サンフランシスコの街は若き海兵隊員達で賑わいをみせていた。ベトナムへの出征を控えた最後の晩、彼らは一番ブスな子をナンパしてきた者に賞金を払うゲーム、ブスコンテストを楽しもうとしていた。海兵隊員の1人、バードレースが口説いたのは、フォークソングを愛するウェイトレスのローズ。彼女を連れ、バードレースはブスコンテストの集合場所の店へと向かうのだが…

映画恋のドッグファイトの感想(※ネタばれ注意!)… 4/5点

この映画の冒頭で男性はともかく、女性はかなりの反感を覚えるかも知れません。

しかし、女性はそこをぐっと堪えて、ブスコンテスト後の主演の2人の演技に是非注目して頂きたいです。
ローズ役のリリ・テイラーはそのブスコンテストで受けた傷をとても繊細に演じていて素晴らしかったと思います。また、そのローズを傷つける張本人でありながら、同時に心も奪われていくバードレース役のリバー・フェニックスも自然な演技で良かったです。また、そんな2人が心を分かちあう姿は、心に染みいるものがあります。
格闘家としてなら多少有利と思えるような顔のローズが、中盤からは静かに優しく弾かれるアコースティックギターのように、素敵な女性に見えてくるから不思議です。

しかし、この映画が凄いと思うのは、そう言った恋愛映画としての素晴らしさだけでなく、もう1つ大きなメッセージがあるところです。そのメッセージは人それぞれが解釈を持つべきだと思うので特筆はしませんが、もしもこの映画を鑑賞する際は『監督の伝えたいこと』にも着眼されると、更に心に残るものがあると思います。

あまり人にお薦めしたことはないですが、好きな映画です。

映画一覧リストを見る。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

≪ プロジェクトA  | ホーム |  ソウ ≫

Comment

管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。