映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エミリー・ローズ

エミリー・ローズ(The Exorcism of Emily Rose)
映画ジャンル/ホラーミステリーサスペンスドラマノンフィクション

エミリー・ローズ(ノーカット版)デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
エミリー・ローズ(ノーカット版)デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

2005年(アメリカ)
監督/スコット・デリクソン
脚本/ポール・ハリス・ボードマン、スコット・デリクソン
音楽/クリストファー・ヤング
出演/ジェニファー・カーペンター、ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット、コルム・フィオール、ジョシュア・クローズ、ケン・ウェルシュ、ダンカン・フレイザー、JR・ボーン、メアリー・ベス・ハート、ヘンリー・ツェーニー、ショーレ・アグダシュルー

映画エミリー・ローズのあらすじ

1人の少女の身に起きた、戦慄の実話。

エミリー・ローズは寮で暮らす普通の女子大生。ある晩、1人で眠っていた彼女は、突然恐ろしい幻覚に襲われ、激しい痙攣を引き起こす。その日を境に、彼女は恐ろしい幻覚に昼夜問わずに悩まさられる。医師の治療も受けるが、回復の兆しが見えないどころか、その症状は深刻になる一方であった。ついには、日常生活さえ困難になり、実家に戻ることになる。何か恐ろしいものが取り憑いていることを確信した彼女は、地元の神父に自らの運命を託す。しかし、神父による悪魔祓いは失敗に終わり、エミリーは無惨にも命を落としてしまう。やがてエミリーの悪魔祓いを行ったムーア神父は、彼女の死の責任を問われ、過失致死罪で起訴される身となり…

映画エミリー・ローズの感想 … 4/5点

この映画は霊の存在を信じる人も、否定する人も恐怖を感じると共に、考えさせられる内容ではないでしょうか。

あらすじにもあるように、劇中のエミリーは命を落とすのですが、この1つの事実が霊の存在がどうと言うわけではなく、僕にはとても怖く思えました。

また、実話を基にした脚本も然ることながら、エミリー役のジェニファー・カーペンターの演技は真実味に溢れ、とても衝撃的でした。彼女の私生活をまったくもって何も知らないのですが、彼氏には観せないほうが・・・なんて要らない心配をしてしまうくらい女を捨てていたと思います。彼女の他の作品が観てみたくなりました。凄い女優さんだと思います。

映画一覧リストを見る。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

≪ ソウ  | ホーム |  カリートの道 ≫

Comment

こんばんは。
この映画気になってたんです。 実話なんですね、さらに興味が湧きました。
CMで見たくらいですがジェニファー・カーペンターさんの演技は迫真でした。 今度見てみますね。

それと、メリークリスマスです。

訪問&コメントありがとうございます。

2006年、新たに観た映画の中で1番衝撃的な役者を選ぶなら、僕は間違いなくジェニファー・カーペンターです。と言いましても、それ程映画を沢山観たわけではないですが…。実話が基になっているせいか法廷シーンが多いので、恐怖だけを期待すると物足りなさを感じてしまうかも知れませんが、yutakaさんがどんな感想を持つのか興味あります。お時間のある時にでも是非。

それと、間に合いませんでしたが
メリ☆クリです。
管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。