映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイタニック

タイタニック(TITANIC)
映画ジャンル/ラブストーリードラマパニック

劇場公開10周年記念/セリーヌ・ディオン来日記念 タイタニック (アルティメット・エディション) [DVD]
劇場公開10周年記念/セリーヌ・ディオン来日記念 タイタニック (アルティメット・エディション) [DVD]

1997年(アメリカ)
監督/ジェームズ・キャメロン
製作/ジェームズ・キャメロン、ジョン・ランドー
脚本/ジェームズ・キャメロン
撮影/ラッセル・カーペンター
音楽/ジェームズ・ホーナー
出演/レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツ、フランシス・フィッシャー、ビル・パクストン、バーナード・ヒル、ジョナサン・ハイド、ヴィクター・ガーバー、デヴィッド・ワーナー、ダニー・ヌッチ、ジャネット・ゴールドスタイン、ルイス・アバナシー、ニコラス・カスコーネ、ユアン・スチュワート、ヨアン・グリフィズ、ジョナサン・フィリップス、ポール・ブライトウェル、エリック・ブレーデン、マイケル・エンサイン、クレイグ・ケリー、ジェームズ・ランカスター、ジョン・ウォルカット、セス・アドキンス、バリー・デネン、トリシア・オニール、シェイ・デュフィン、スージー・エイミス、グロリア・スチュアート
映画賞/第70回アカデミー作品賞、監督賞(ジェームズ・キャメロン)、撮影賞(ラッセル・カーペンター)、主題歌賞(ジェームズ・ホーナー、ウィル・ジェニングス)、音楽賞(ジェームズ・ホーナー)、美術賞(ピーター・ラモント、マイケル・フォード)、衣装デザイン賞(デボラ・L・スコット)、視覚効果賞(トーマス・L・フィッシャー、マイケル・カンファー、マーク・ラソフ、ロバート・レガート)、音響賞(マーク・ウラノ、ゲイリー・サマーズ、ゲイリー・リドストロム、トム・ジョンソン)、音響効果編集賞(トム・ベルフォート、クリストファー・ボイズ)、編集賞(コンラッド・バフ、ジェームズ・キャメロン、リチャード・A・ハリス)。第23回LA批評家協会美術賞(ピーター・ラモンド)。第55回ゴールデン・グローブ作品賞、監督賞(ジェームズ・キャメロン)、音楽賞(ジェームズ・ホーナー)、歌曲賞(My Heart Will Go On/Celine Dion)。第11回ヨーロッパ映画観客賞(ケイト・ウィンスレット)。第3回放送映画批評家協会監督賞(ジェームズ・キャメロン)。第7回MTVムービー・アワード作品賞、男優賞(レオナルド・ディカプリオ)。第21回日本アカデミー外国作品賞。第40回ブルーリボン外国作品賞。
壁紙/タイタニック・ローズのヌード画壁紙1024x768。タイタニック号の壁紙1024x768。タイタニック号の舳先で抱き合う二人の壁紙1024x768。タイタニック号のデッキで見つめ合う二人の壁紙1024x768。ジャックとローズのキスシーンの壁紙1024x768。

映画タイタニックのあらすじ

18億3500万ドル。映画史上最高の興行収入を記録した歴史的大作―――

1912年4月10日。イギリスのサウザンプトン港では、豪華客船タイタニック号が処女航海をむかえようとしていた。

出港直前、画家志望の貧しい青年ジャック・ドーソンはポーカーで勝ち取った船のチケットを手にタイタニック号に乗り込む。

アメリカへと向けて出航したその船上で、ジャックはイギリスの上流階級の娘ローズに一目で心を奪われていた。

それは、1,523人もの命を奪った悲劇の船で始まった運命の恋だった・・・

映画タイタニックの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

ジェームズ・キャメロン監督の歴史的大作、映画「タイタニック」を久しぶりに鑑賞してみました。

劇場で観た時は、タイタニック号の迫力ある映像に夢中になり、劇中のケイト・ウィンスレットが演じたヒロイン、ローズに惚れてしまったことを思いだします。

もう少し正確に書くと、当時、僕が惚れていた女性と劇中のローズが似ているように思え、ラブストーリーにも夢中になれたのだと思います。

映画「タイタニック」のラブストーリーは陳腐だ!とか必要無い!的な感想を持つ方も多い中、僕は幸せ者だったのだと思います。

そして、当時惚れていた女性への想いも、劇中のローズへの熱もすっかり冷めた今回の鑑賞。

僕は声を大にして言いたい感想があります。

それは、映画「タイタニック」は、ラブストーリーも素晴らしいってことです。

注)ネタばれ危険!XXXXXXXXXXX
未見の方はココより下は読まないで下さい。

いきなりですが、恋とは体のどこでするものでしょうか。

僕は、突き詰めて考えていくと性的な欲求、つまり下半身でするものだと思っています。そんな風に書いてしまうと『下品!』と感じる方もいるかも知れませんが、正直なところ、そう思っています。

でもこれでは、あまりにも極論過ぎるので、もう少し多くの方に受け入れられるように書き加えるなら、恋とは頭で計算してするのではなく、心の赴くままにするものだと思っています。

恋の始まりは理屈ではなく衝動的で、相手を知りたい、触れたい、キスがしたい・・・そんな様々な欲求が溢れかえる時だと思うのです。それはとても自然なことだと思っていますし、そうした様々な欲求を解消するとともに、深く知った自分以外の相手を、ようやく僕は大切にしたいと思い始めます。

若い頃の恋を思い出すと、どうしてあんな馬鹿なことを・・・なんて恥ずかしい思い出が沢山あります。それは、経験から行動するのではなく、小さな子供と同じように欲求に素直だから失敗もあり、冷静な頭で考えると恥ずかしい事だらけだったりするのだと思うのです。

前置きが長くなりましたが、この映画には、そんな僕が考える、若い頃の燃え上がるような欲求が、純粋な恋が、限られた時間の中でしっかりと感じられるように描かれているように思えるのです。

ローズの身投げをジャックが引き止めるシーン、上流階級の食事に招かれるシーン、三等客のパーティーシーンから、無駄無く恋の始まりを感じられました。

そして、ジャックに裸の姿を描かせるローズの大胆なシーンには驚きがあり、僕の持論、恋は下半身でするものと言うことを、この上無い品を持たせつつ代弁してくれているように思え、ジェームズ・キャメロン監督の奥深さを感じました。

僕の持論の代弁は抜きにしても、ラブストーリーの流れをショートカットしつつ色濃くする素晴らしいシーンだと思います。ローズの様々な覚悟や、その全てを真摯に受け止めようとするジャックを感じとれ、深い結びつきを印象づける効果があったように思えます。

その後の、車の窓ガラスを曇らすシーンで二人の恋はピークを迎える訳ですが、その時もローズから迫っている大胆さが印象的でもあり、脚本のうまさを感じました。

そしてその直後、氷山に衝突してしまうタイタニック号を見る度に、避けられない運命の悲しさが感慨深いです。

今回の鑑賞で新たに感じたのは、絶対に沈まないと思っていた船がゆっくりと傾き沈んでしまう姿や、その船上で最後まで必死に寄り添おうとする二人、そして遠い昔に沈んでしまった船が今も深海で眠っていることなどを思うと、タイタニック号が恋のメタファーにも思えました。

年老いたローズが嬉しそうに語る、最高にエロティックだった時間。先述した裸の姿を描かせるシーン。一枚の絵から年老いたローズが真っ先に思いだしたのは、その時のジャックの視線でした。

薄っぺらなロマンチックではなく、恋の中に潜む、一見淫らと感じてしまうような要素も美しく描いた、素晴らしいラブストーリーだと思います。

映画一覧リストを見る。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

 | ホーム |  キッズ・リターン ≫

Comment

※注意 下品なコメントです。

御久し振りです。
年齢のせいか、下半身で恋をしなくなってきてしまっています。 というか、恋をしなくなってきています。 ここはひとつ、ピクセルさんとの下半身談義に華を咲かせ下半身に恋の一つでもしてもらいたいものです。
ちなみに僕もタイタニックを劇場に観に行ったんですが、どうしてか野郎友達数人で行きました。 もちろん、下半身は無反応…

なんというか、下半身コメント申し訳ないです。

yutakaさん、お久しぶりです!

そうですか~
恋をしなくなってきましたかぁi-237
でも、僕みたいに相変わらずな下半身で、毎日もんもんとしているよりは良いのかも知れませんよ。
たとえば下の絵文字
i-9
いつか保健体育で見た、あの図を思い出しますし
たとえば下の絵文字
i-87
加藤鷹ですし
たとえば下の絵文字
i-82
i-87
i-189
何に見えます・・・

僕は入院すべきなのかも知れませんi-181

コメントありがとうございますi-179

すごくまとまりがあって見たくなるようなレビューですね!

私も最近映画ブログを始めたので参考にさせていただきます!

はじめまして☆fujimonさん

お褒めのお言葉ありがとうございますi-179
参考になる部分があれば良いのですが・・・
fujimonさんのブログもこっそり覗かせて頂きますi-93

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。