映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ(Warriors Of The Wind)
映画ジャンル/アニメファンタジーアクションSF

風の谷のナウシカ
風の谷のナウシカ

1984年(日本)
監督/宮崎駿(宮駿)
製作/徳間康快、近藤道生
プロデューサー/高畑勲
脚本/宮崎駿
原作/宮崎駿
撮影/白神孝治、首藤行朝、杉浦守、清水泰弘
音楽/久石譲
声の出演/島本須美(ナウシカ)、辻村真人(ジル)、納谷悟朗(ユパ)、京田尚子(大ババ)、永井一郎(ミト)、宮内幸平(ゴル)、八奈見乗児(ギックリ)、矢田稔(ニガ)、吉田理保子(トエト)、松田洋治(アスベル)、冨永みーな(ラステル)、寺田誠(ペジテ市長)、坪井章子(ラステルの母)、榊原良子(クシャナ)、家弓家正(クロトワ)、菅谷政子、貴家堂子、坂本千夏、TARAKO、水鳥鉄夫、中村武己、太田貴子、島田敏、野村信次、大塚芳忠、鮎原久子
壁紙/風の谷のナウシカ壁紙

映画風の谷のナウシカのあらすじ

火の7日間と呼ばれる戦争により文明は崩壊した。1000年が過ぎ、世界は有毒な菌類の森、腐海(ふかい)に覆われようとしていた―――

腐海のほとりにある辺境の小国「風の谷」。

その「風の谷」の族長ジルの娘であるナウシカは、腐海に生息する獰猛な蟲と心を通わせ、メーヴェ(風使いが用いる凧)を操り鳥のように自由に空を飛ぶ少女。

ある日、ナウシカがいつものように腐海を探索していると、蟲のなかでも最大・最強を誇る王蟲(オーム)の抜け殻を発見する。

村人のため、抜け殻を持ち帰ろうとした時、蟲に襲われている人の気配を感じ救助に向かう。そこには怒りに我を忘れた王蟲が、師であるユパを猛追する姿が・・・

映画風の谷のナウシカの感想 … 5/5点

先日のアニメ映画「天空の城ラピュタ」観賞後、無性に「風の谷のナウシカ」も観たくなったので久しぶりに鑑賞してみました。

宮崎駿監督の他の作品も楽しく好きですが、この「風の谷のナウシカ」が作品中の世界観と創造力に一番驚かされた映画です。

猛毒の瘴気(しょうき)を出す植物が群生している腐海(ふかい)。そこに生息する巨躯で獰猛な蟲。

そんな世界に生きる人々。歴史。

その1つ1つの細部に迄、血が通っているようで、「風の谷のナウシカ」には今観ても驚かされる世界観があるように思えました。

ラピュタでも言えたことですが、久石譲の音楽も素晴らしいと思います。

的確にそのシーンの雰囲気を伝えつつ、一瞬で作品の世界と心をリンクさせるような魅力を感じました。

また、作品中のテーマも分かりやすく、多くの人が楽しみつつ「自然と争い」に対する監督からのメッセージを心に残す映画ではないでしょうか。

未見の方が居ましたら必見だと思います。これだけオリジナリティに満ち、完成された世界観は、あらためて希少に思えました。

映画を観たら原作のコミックもお薦めです。映画とは違うナウシカを、より深く楽しめると思います。

【お薦め】ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」

映画一覧リストを見る。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

≪ ダイハード4.0  | ホーム |  天空の城ラピュタ ≫

Comment

管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。