映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローバーフィールド/HAKAISHA

クローバーフィールド/HAKAISHA(Cloverfield)
映画ジャンル/SFパニック

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション
クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション

2008年(アメリカ)
監督/マット・リーヴス
製作/J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
脚本/ドリュー・ゴダード
撮影/マイケル・ボンヴィレイン
音楽/マイケル・ジアッチーノ
出演/マイケル・スタール=デヴィッド、マイク・ヴォーゲル、オデット・ユーストマン、リジー・キャプラン、ジェシカ・ルーカス、T・J・ミラー
壁紙/クローバーフィールド壁紙1 1024x768、クローバーフィールド壁紙2 1600x1201、クローバーフィールド壁紙3 1211x908、クローバーフィールド壁紙4 1024x768、クローバーフィールド壁紙5 1024x768、クローバーフィールド壁紙6 1280x960、クローバーフィールド壁紙7 1600x1200

映画クローバーフィールド/HAKAISHAのあらすじ

――コードネーム“Cloverfield”と呼ばれるビデオ映像。かつてセントラル・パークと呼ばれた場所で見つかったものである――

ニューヨークのとある高級アパートで日本への転属が決まったロブを祝うため、サプライズ・パーティが開かれていた。

その最中、突然、不気味な爆音が鳴り響き、パーティ会場は騒然となる。

外の様子を確認しようと屋上へ向かった彼らは、そこで炎に包まれたニューヨーク市街を目撃する・・・

映画クローバーフィールド/HAKAISHAの感想 … 5/5点

コマーシャルを見て、衝動的に映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」を観てきました。

今回の感想、広告手法と映画が現在公開中と言う事を考慮し、未見の方への配慮としてネタばれは極力自粛します。

なので感想は一言、大満足でした。

これから観に行こうと考えている方は、公式サイトや劇場などにも書かれている通り、酔いには十分注意が必要な映画だと思います。

その原因は「ハンディカムの映像」によるものですが、演出としては大成功しているのではないでしょうか。

ですが、なるべく後ろの座席で鑑賞された方が良いかも知れません。

もしも現在、DVDが発売されてから観れば良いかな?と考えている方は、自宅に映画館に迫るような鑑賞環境が無い限り、劇場に足を運んでおいた方が良いと思います。

臨場感や迫力など、映画館でしかおそらく体感出来ない楽しみがある映画だと思います。

また、昨年公開された松本人志監督の映画「大日本人」の広告手法と酷似していると思うのですが、「大日本人」と「クローバーフィールド/HAKAISHA」の映画内容を比較すると、広告手法が映画へ与えている相乗効果は「クローバーフィールド/HAKAISHA」の方が大きいと思います。

音響や映像も劇場に足を運んでおいた方が良いと思った要因ですが、映画内容に関する情報の少なさも、楽しさを増幅している映画だと思います。映画館で公開日に観て正解だと強く感じたのと同時に、ある程度の情報が入り、自宅で鑑賞していたとしたら、僕は大満足までは至らなかったと思います。

僕と同じく、映画は情報無しで楽しみたい派(EJNT派)に所属されている方は、迷わず劇場に急いでください。

僕が映画館で鑑賞する映画に求めていたモノが沢山詰まっていました。大満足です。

映画一覧リストを見る。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

≪ 天空の城ラピュタ  | ホーム |  ザ・コミットメンツ ≫

Comment

ネタバレコメントにつき注意ください

こんばんは。
僕も事前情報(ネットとかで流れている映像等)はシャットアウトして観てきました。 見た後のフォローとして事前情報で補完できるトコは補完しました。 
しかし、ホントに「アレ」が街中に突如現れたら映画の様になるんでしょうね。 混乱に乗じて電気屋でおっきいテレビをここぞとばかりに盗んでしまったのは僕です。 すいません…

yutakaさんこんばんは☆

そうですね。凄いリアリティと言って良いのか、僕もあんな感じになる様に思えました。

でも「アレ」が街中に本当に現れたら・・・
僕はやっぱり嬉しくなって笑っちゃっているかも知れませんi-184

あー!あのテレビ泥棒yutakaさんだったんですかi-179
いえいえ、謝る必要なんて全然。
逆に街があんな状況なのにレジに並ばれても店員さんも困ってしまうと思うので、持ってけ大セールですよi-179

僕も感想を書くにあたり少し補完し、現在も他の方の感想などから補完中です。
でも、続編があるようなら直にシャットアウトする心構えです。

コメントありがとうございましたi-260

あ☆

yutakaさんへ
あとタイトルでのお気遣いありがとうございますi-194
管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。