映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリイ・シュシュのすべて

リリイ・シュシュのすべて
映画ジャンル/青春ドラマ

B000066FWV
リリイ・シュシュのすべて

2001年(日本)
監督/岩井俊二
脚本/岩井俊二
撮影/篠田昇
音楽/小林武史
出演/市原隼人、忍成修吾、蒼井優、伊藤歩、勝地涼、五十畑迅人、郭智博、田中丈資、土倉有貴、南イサム、吉岡麻由子、細山田隆人、田中要次、大沢たかお、稲森いずみ、市川実和子、杉本哲太

映画リリイ・シュシュのすべてのあらすじ

岩井監督「遺作を選べたら、これにしたい」―――

ある地方都市。

中学2年生の雄一は、校内でイジメを受けている。そんな彼の唯一の救いはカリスマ的女性シンガー「リリィ・シュシュ」の歌だけだった。

彼は「リリィ・シュシュ」のファンサイトを立ち上げ、そこで声にできない叫びを吐露する日々が続く。

いつしかそのサイトで一人の人物と心を通わせるのだが・・・

映画リリイ・シュシュのすべての感想 … 4/5点

久しぶりに岩井俊二監督が遺作にしたいと公言している映画「リリィ・シュシュのすべて」を鑑賞してみました。

間違いなく傑作ではないでしょうか。

リアリティなんて言葉が相応しいのかは分かりませんが、胸に突き刺さる痛みは中学生の頃に味わったことがあるような気がしました。

この「痛み」は、言葉にしてしまうと単純ですが、この映画が放つ「痛み」は多分洋画では作れないと思いますし、僕の知る他の邦画にもない唯一無二の「痛み」です。

涙の零れない、泣いて解決することのできない「痛み」がこの映画にはあり、何となく解決策を探すことを放棄したまま大人になってしまったような憂鬱と、不思議ですが、懐かしさに似た優しい余韻も少しだけ残りました。

友達の変わって行く様、抵抗できない無力さ、答えを探したり流されたり、傷ついたり傷つけてしまったり。

そんな日々に、好きなアーティストの曲のワンフレーズで救われたと感じた時、僕も田園で目を閉じているような、その音楽だけになっていた瞬間があったような気がします。

5点にしなかったのは、僕に取ってはまだまだ「痛み」の強すぎる映画だからかも知れません。

映画一覧リストを見る。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

≪ ゴッドファーザーの壁紙  | ホーム |  ハンニバル・ライジング ≫

Comment

管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。