映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンニバル・ライジング

ハンニバル・ライジング(Hannibal Rising)
映画ジャンル/サスペンスクライムドラマ戦争

ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション
ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション

2007年(アメリカ・イギリス・フランス)
監督/ピーター・ウェーバー
製作/ディノ・デ・ラウレンティス、マーサ・デ・ラウレンティス、タラク・ベン・アマール
脚本/トマス・ハリス
原作/トマス・ハリス
撮影/ベン・デイヴィス
音楽/アイラン・エシュケリ、梅林茂
出演/ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンス、ケヴィン・マクキッド、スティーヴン・ウォーターズ、リチャード・ブレイク、ドミニク・ウェスト、チャールズ・マックイグノン、アーロン・トーマス、ヘレナ・リア・タコヴシュカ、イヴァン・マレヴィッチ、ゴラン・コスティッチ、インゲボルガ・ダクネイト

映画ハンニバル・ライジングのあらすじ

1944年のリトアニア。戦禍で両親を亡くしたハンニバル・レクター少年と幼い妹のミーシャは山小屋に隠れ住んでいた。

ある日、その山小屋に残忍な逃亡兵のグループがやってくる――

8年後、ソ連の孤児院で心を閉ざしたまま成長したハンニバルは、親類の住むパリへと向かい脱走する。

しかし、すでに叔父はこの世を去り、そこには未亡人の日本人女性レディ・ムラサキが暮らしていた。彼女はハンニバルを温かく迎え、次第にハンニバルの心も開きつつあった。

ある日、市場でレディ・ムラサキが侮辱されたことを切っ掛けに、ハンニバルの中に封印されていた闇の扉が開いていく・・・

映画ハンニバル・ライジングの感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

グロテスクな映像が苦手な気持ちとハンニバル・レクター博士の生い立ちを知りたい気持ちの葛藤の末、映画「ハンニバル・ライジング」を鑑賞。

おそらくですが、想像よりまともな青年ハンニバルに感想が分かれる映画ではないでしょうか。

個人的には退屈せず『この青年があの恐ろしいおっさんになるのか』と思うと、いちいち面白く感じました。

また、青年ハンニバルを演じていたギャスパー・ウリエルが良かったです。頬の上の方にできる笑い皺が薄らと気持ち悪く、知的な雰囲気も兼ね揃えているように感じ適役に思えました。

グロテスクなシーンに関しては、このシリーズに不可欠な要素かも知れませんが、観賞後もしばらく消えそうにない気持ち悪さが残ってしまったので、繰り返し観たい映画にはなりませんでした。

今は人の持つ「怖いもの見たさ」とは何なのか・・・?
なんてことを結構真剣に考えているのですが、自分のことながらさっぱり分からない心理です。

映画一覧リストを見る。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

≪ リリイ・シュシュのすべて  | ホーム |  どろろ ≫

Comment

パッチです。
新年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

この「ハンニバル・ライジング」を思い出すと、いつも「ソウ」に出てくるジグソウの生い立ちの映画を作っても面白そうだなぁと考えてしまいます。
レクター博士と同じぐらい、ジグソウにも役が一人歩きしそうな魅力を感じます。
といっても「ソウ」シリーズは目を覆いたくなるようなシーンばかりなので、ピクセルさんは苦手かもしれませんねっ。
苦手ではない私でも、やはり直視は難しかったです。

「ソウ」シリーズも、この「ライジング・ハンニバル」も気楽に鑑賞ができない点で言えば、どちらも1度観ればいい作品かもしれませんねっ(^^)

パッチさん明けましておめでとうございます!

こちらこそ宜しくお願いいたしますi-80

あ!面白そうですねi-179
実はレクター博士とはご近所さんな時期があって、お互いに「なんか怖い顔してんなぁ~」なんて思いながらも惹かれ合い、思い出の殺人話で盛り上がる。なんてエピソードがあっても・・・
ちょっと安易すぎますねi-229

でもジグソウの生い立ちは僕も気になりますi-194

>>「ソウ」シリーズは目を覆いたくなるようなシーンばかりなので、ピクセルさんちゃんは苦手かもしれませんねっ。

情けない話ですが、やっぱり僕はリアルなグロは駄目だなって今回あらためて感じてしまいましたi-182

でもこの手の映画で一切そう言ったシーンがなかったら、僕も含め「期待はずれ」感をおぼえる人は多いと思うのですが・・・
なんか矛盾してるな~って言うか、本当はグロいのが見たいなんて言う潜在意識が人にはあるのかな?なんて考えている最中です。

モザイク版なんてのがあると個人的には鑑賞しやすくなるのですがi-179

コメントありがとうございますi-260
管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。