映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どろろ

どろろ
映画ジャンル/アクションファンタジー時代劇ドラマ

どろろ(通常版)
どろろ(通常版)

2007年(日本)
監督/塩田明彦
アクション監督/チン・シウトン
脚本/NAKA雅MURA、塩田明彦
原作/手塚治虫
撮影/柴主高秀
美術/丸尾知行
音楽/安川午朗、福岡ユタカ
出演/妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太、麻生久美子、杉本哲太、土屋アンナ、菅田俊、劇団ひとり、きたろう、寺門ジモン、山谷初男、でんでん、春木みさよ、インスタントジョンソン、中村嘉葎雄、原田芳雄、原田美枝子

映画どろろのあらすじ

物語が、動き出す。

はるか古か遠い未来か、さだかでない。大地の東の果てにあるその国では、数十年に及ぶ戦が続き、秩序を失った争いと荒廃だけがすべてを支配していた―――

武将・醍醐景光は、国を治める力を手に入れるため、生まれてくる我が子を四十八体の魔物に捧げ、その見返りとして巨大なる「力」を手にする。

それから二十年の時は流れ、ある砂漠の町に一人の男が現れる。その男は町の酒場に潜み人を喰らう魔物を、自らの左腕に繋がれた不思議な刀で退治する。その直後、男の片足は抜け落ち、新しい足が生えてくる。

その信じがたい光景を偶然見てしまった盗人の女。その男と刀に興味を持ち、男の後を追い始める・・・

映画どろろの感想(※ネタばれ注意!)… 4/5点

新年一発目は3ヶ月くらい友人から借りっ放しで「そろそろ返せ」と言われそうな映画「どろろ」を鑑賞。

手塚治虫原作と言うことで興味を持ち借りてきたものの、なんとなく見る気になれなかったのですが、何も期待しないで観れば結構楽しめる映画ではないでしょうか。

もしかしたらこの映画を貸してくれた友人よりも、僕の方が好きになってしまったかも知れません。5点にしようかとも思ったのですが、終盤が個人的にイマイチ盛り上がりを感じられなかったので4点です。

まず「魔物を退治すると自分の本当の体が戻ってくる。」と言う設定が面白く思えました。

あまりその描写はありませんでしたが、百鬼丸は魔物を倒せば倒すほど生身になって行くかわりに、弱くなっていくんだと思うと、その胸の内にある悲しみが増幅するように思え不憫でなりませんでした。

また、どろろちゃんも良かったです。たとえ泥棒でも言い訳をしない姿は応援したくなります。

そして魔物の造形。観る人によってはチープな印象を受けるかも知れませんが僕は好きです。リアルな CG も好きですが、物語の内容とのバランスを考えると、着ぐるみチックな魔物でも良かった気がします。個人的には CG 一切無しで作っても良かったように思えます。

チン・シウトン監督のワイヤーアクションも、そう言った意味でも相性が良く思え楽しめました。

今迄、妻夫木聡と柴咲コウに対しあまり興味を持てずにいたのですが、2人とも嫌味の無い魅力があるように思え好感を持ちました。原作は知りませんが2人ともしっかりと「百鬼丸」と「どろろ」を魅力的に演じていたように思えます。

注)ネタばれ危険!XXXXXXXXXXX
未見の方はココより下は読まないで下さい。

しかし、心理描写が所々分かり辛いと言うか、理解に苦しむ部分がありました。

弟の多宝丸が兄と知りながら「多宝丸はこの世に一人!」と百鬼丸に切り掛かる姿や、父が多宝丸を生き返らせるために魔物に体を捧げた途端から改心するのは腑に落ちませんでした。

弟に魔物が取り憑くシーンがあるとか、父が魔物と契約を交わす前に「魔物が入ってきたらわしを殺せ」的な目配せがあっても良かったような気がしてしまいました。

でも最後の最後、どろろちゃんが百鬼丸の股間に膝蹴りを入れるシーンは奥深くも思え好きです。

百鬼丸が痛がると言う事は生身の部分であり、勝手に少しだけエロく解釈するのなら、どろろちゃんも気になる部分だったのかも知れません。

また、その部分を持って行った魔物は本当にそこで良かったのか、ご本尊とお稲荷さんは別勘定だったのか、取り戻した百鬼丸がどれだけ喜んだのか、なんて想像も広がる良いラストに思えました。

映画一覧リストを見る。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

≪ ハンニバル・ライジング  | ホーム |  花とアリス ≫

Comment

管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。