映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花とアリス

花とアリス
映画ジャンル/青春コメディラブストーリー

花とアリス 特別版
花とアリス 特別版

2004年(日本)
監督/岩井俊二
脚本/岩井俊二
撮影/角田真一
美術/種田陽平
音楽/岩井俊二
出演/蒼井優、鈴木杏、郭智博、相田翔子、阿部寛、平泉成、木村多江、坂本真、大沢たかお、広末涼子、ふせえり、ルー大柴、アジャ・コング、叶美香、伊藤歩、中野裕之、虻川美穂子、梶原善、テリー伊藤、大森南朋、松尾れい子
映画賞/第14回日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞(蒼井優

映画花とアリスのあらすじ

―――君、だれ?

中学卒業を控えた荒井花(ハナ)と有栖川徹子(アリス)の2人は同じバレエ教室に通う親友。

ハナは通学電車の中で見かけた高校生の宮本に密かに恋をしていた。

やがてハナとアリスは宮本と同じ高校へ進学し、ハナは憧れの宮本と同じ落研に入部する。

明くる日、宮本が歩きながら落語の本を読んでいると、熱中するあまりシャッターに頭をぶつけ転倒してしまう。後をつけていたハナは慌てて駆け寄り、意識朦朧とする宮本に、自分が恋人だと信じ込ませようとする・・・

映画花とアリスの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

先日の映画「フラガール」の鑑賞から、どうも気になっていた映画「花とアリス」を久しぶりに鑑賞してみました。

この映画、物語に派手さはないものの、飽きのこない良さがあるのではないでしょうか。久しぶりに鑑賞した今回もとても楽しめました。

ハナ役の鈴木杏も好演でしたが、アリス役の蒼井優の演技は、未見の方は必見かも知れません。親友への顔、肉親への顔、社会への顔と使い分ける姿に、自然な雰囲気と個性を兼ね揃えた魅力を感じました。

女子高生が主役の物語ですが、男の僕でも親友の大切さや影の努力が実を結ぶ清々しさなどをクスクス笑いながら感じられる好きな映画です。

注)ネタばれ危険!XXXXXXXXXXX
未見の方はココより下は読まないで下さい。

僕はこの映画で特に好きなエピソードが2つあります。1つはハートのエースのエピソードです。

宮本がアリスに渡したハートのエースは、アリスの記憶だけのものになりかけていて、それが手品のように現実として戻ってくる。

実際には中々有り得ないエピソードかも知れませんが、絶対無い!とも言い切れないような切ない奇跡が胸に沁みます。

『良かった頃、楽しかった過去を他の人にも憶えていて欲しい・・・』

そんな繊細な感情が伝わり、僕の中で埋もれてしまっている何かを思い出しそうになる好きなエピソードです。

また、人気の少ない海の砂浜は、アリスの心を投影しているようにも思え、味わい深い好きなシーンです。

もう1つは、やはりバレエのエピソードです。

バレエが美しい踊りだと知ったのは、この映画からでした。
終盤のバレエを踊るアリスは、変身とも言えるくらい一際輝き、監督の撮り方も素晴らしかったからだと思うのですが、バレエに対して鈍感だった僕にも美しいものだと気付かせてくれました。

ハナと戯れている普段のアリスと比べると、まるで違う生き物と言うか・・・
どしゃぶりの雨の中でカッパを着て変な舞いをしていたアリスと、最後の美しいバレエを踊るアリスがオーバラップし、アリスの心中を思うと、アヒルの子が白鳥に変身するような、先に光を感じさせる好きなシーンです。

しかし、それはそれとして「パンチラ」を期待し瞬きも忘れていたような気もするので・・・好きなシーンの理由は、美しさだけではないのかも知れません。

映画一覧リストを見る。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

≪ どろろ  | ホーム |  蒼井優の壁紙 ≫

Comment

管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。