映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監督・ばんざい!

監督・ばんざい!
映画ジャンル/コメディ

2007年(日本)
監督/北野武
脚本/北野武
音楽/池辺晋一郎
ナレーション/伊武雅刀
出演/ビートたけし、江守徹、岸本加世子、鈴木杏、吉行和子、宝田明、藤田弓子、内田有紀、木村佳乃、松坂慶子、大杉漣、寺島進、六平直政、渡辺哲、井手らっきょ、モロ師岡、菅田俊、石橋保、蝶野正洋、天山広吉

映画監督・ばんざい!のあらすじ

映画を愛する全人類に捧ぐウルトラ・バラエティ・ムービー!

映画監督のキタノは悩んでいた。最も得意とするギャング映画を二度と撮らないと宣言してしまったからだ。とはいえ、兎に角ヒット作を世に送り出そうと、小津風人情劇、昭和30年代、ホラー、ラブ・ストーリー、時代劇、SF・・・
様々なジャンルの映画に挑戦するが、どれもハプニングで中断してしまう。

追いつめられた監督だったが、ふとした閃きで、金儲けのためなら何でもやるサギ師の母とその娘が、政財界の大物・東大泉の御子息らしき男に財産目当てで接近するという話を思いつく。

しかし、その時、地球には天地をひっくり返す、人類史上かつてない大異変がおきようとしていた―――

映画監督・ばんざい!の感想(※ネタばれ注意!)… 2/5点

まず、北野武監督の映画は好きなものが多いのに、初めての感想が酷評となるのは少々残念です。

しかし素直に感想を書くなら、この映画は客の為と言うより、自分達の為、もしくは映画監督達の為に撮られている映画に思えました。監督の作品なので北野武監督自身の為に撮られる部分はあるにせよ、観客にお金を出させ足を運ばせる映画としては、素直に楽しめる部分が少なく思えました。

監督の意図を汲んだ時、お笑いの部分は取って付けたような気がして、客の為と言う意識が少ないのかな?と更に感じてしまった部分です。

少し話はズレますが、僕は漫画の作者が「神」としてコマの中に登場するのも、読者を少し無視した瞬間だと感じてしまいます。確かに「神」なんですが、僕は「神」が見たいんじゃなく、漫画が観たくてコミックを買うからです。フィクションとしてちっぽけに感じてしまう嫌いな瞬間です。

僕はこの映画にそれに近い感覚を味わった気がします。深読みしたくなる冒頭や人形も客の為ではなかったように思えました。その辺を観る側が自分の境遇と簡単に変換しつつ観られたら、感想も変わっていたのかも知れませんが・・・。

でも、何も新しいモノを産み出そうとしない監督の映画に比べれば、何倍も次の映画に期待できる2点だと思いますし、北野ブルーがそのまんまなトレーナーや当たり屋のエピソードなど、分かりやすいお笑いとして好きな部分もありました。

・・・と
ここで感想を締めるつもりで書いていたのですが、もしかしたら北野武監督は「神」なんて崇められる存在に嫌気がさしているのかも・・・そんな風に思えるくらい自身の評価を壊すような表現手法や展開を敢えて映画に詰め込んでいたようにも思えます。

監督の他の映画を知らなければ『面白くない』で片付けてしまうのですが、好きな監督なだけに色々考えてしまいます。

映画一覧リストを見る。

【おすすめ】 まとめ買い!お得キャンペーン DVD4枚買うと、1枚タダ!

【映画レビュー】ブログの開設はこちら>>>

【ランキング】 FC2 Blog Ranking

≪ フラガール  | ホーム |  ウィノナ・ライダーのヌードTシャツ ≫

Comment

管理人にのみ表示する

Track Back

TB*URL

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。