映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイダーマン3

スパイダーマン3(Spider-man 3)
映画ジャンル/アクションSF

スパイダーマンTM3 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) (初回限定豪華アウターケース付)
スパイダーマンTM3 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) (初回限定豪華アウターケース付)

2007年(アメリカ)
監督/サム・ライミ
製作/スタン・リー
脚本/アルヴィン・サージェント、アイヴァン・ライミ、サム・ライミ
撮影/ビル・ポープ
音楽/クリストファー・ヤング
出演/トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、トファー・グレイス、ブライス・ダラス・ハワード、ジェームズ・クロムウェル、ローズマリー・ハリス、J・K・シモンズ、ビル・ナン、エリザベス・バンクス、ディラン・ベイカー、テレサ・ラッセル、クリフ・ロバートソン、ジョン・パクストン、テッド・ライミ、ブルース・キャンベル、パーラ・ヘイニー=ジャーディン、エリヤ・バスキン、マゲイナ・トーヴァ、スタン・リー、ベッキー・アン・ベイカー

映画スパイダーマン3のあらすじ

もう一人の敵、それは「自分」―――

スパイダーマンことピーター・パーカーはNY市民にスパイダーマンとして賞賛され、大学での成績もトップ、ブロードウェイ・デビューを果たした愛しのMJ(メリー・ジェーン)との関係も良好で、プロポーズの機会を伺っていた。

しかし、そんな幸せなピーターのもとへ、父の復讐に燃える親友ハリー、謎の黒い液状生命体、伯父を殺した真犯人であるフリント・マルコと、数々の問題が舞い込んでくる―――

映画スパイダーマン3の感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

スポンサーサイト

映画スパイダーマン3の感想を読む ≫

スパイダーマン2

スパイダーマン2(Spider-man 2)
映画ジャンル/アクションSF

スパイダーマンTM2 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
スパイダーマンTM2 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

2004年(アメリカ)
監督/サム・ライミ
製作/アヴィ・アラッド、ローラ・ジスキン
脚本/スタン・リー、スティーヴ・ディッコ
撮影/ビル・ポープ
音楽/ダニー・エルフマン
タイトルデザイン/カイル・クーパー
出演/トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、アルフレッド・モリナ、ジェームズ・フランコ、ローズマリー・ハリス、J・K・シモンズ、ディラン・ベイカー、ビル・ナン、テッド・ライミ、エリザベス・バンクス、ブルース・キャンベル、ドナ・マーフィ、ダニエル・ギリス、グレッグ・エデルマン、ダニエル・デイ・キム、クリフ・ロバートソン、ウィレム・デフォー、ヴァネッサ・フェルリト、クリスティーン・エスタブルック、エリヤ・バスキン、マゲイナ・トーヴァ
映画賞/第77回アカデミー視覚効果賞(ジョン・ダイクストラ)、第10回放送映画批評家協会ポピュラー作品賞

映画スパイダーマン2のあらすじ

グリーン・ゴブリンとの激しい死闘から2年。大学生になったピーターは、アルバイトと授業に追われる傍ら、スパイダーマンとしてニューヨークの街を守る多忙な日々を過ごしていた。

愛しのMJ(メリー・ジェーン)は念願の舞台女優となり、親友のハリーは亡き父の跡を継ぎオズコープ社の経営に勤しみつつ、父の仇であるスパイダーマンへの復讐に燃えていた。
日々の多忙さと複雑になっていく人間関係にピーターは悩みはじめる――

ある日ピーターはハリーの計らいにより、彼の会社のもとで核融合の研究を仕切るDr.オットー(科学者オットー・オクタビアス)と出会う。 翌日、Dr.オットーは観衆の前でオズコープ社の社運を賭けた、核融合のデモンストレーション行う。4本の金属製人工アームを操り、デモンストレーションを始めるのだが…

映画スパイダーマン2の感想 … 4/5点

映画スパイダーマン2の感想を読む ≫

スパイダーマン

スパイダーマン(Spider-Man)
映画ジャンル/アクションSF

スパイダーマン TM デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
スパイダーマン TM デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

2002年(アメリカ)
監督/サム・ライミ
製作/イアン・ブライス、ローラ・ジスキン
脚本/スタン・リー、スティーヴ・ディッコ
撮影/ドン・バージェス
音楽/ダニー・エルフマン
タイトルデザイン/カイル・クーパー
出演/トビー・マグワイア、ウィレム・デフォー、キルステン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、J・K・シモンズ、クリフ・ロバートソン、ローズマリー・ハリス、ランディ・ポッフォ、ジョー・マンガニエロ、マイケル・パパジョン、テッド・ライミ、ブルース・キャンベル、スタン・リー、エリザベス・バンクス
映画賞/第12回MTVムービー・アワード女優賞(キルステン・ダンスト)キス・シーン賞(トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト)

映画スパイダーマンのあらすじ

大いなる力には、大いなる責任が伴う――

幼少にして両親を亡くし、伯父夫妻のもとで育てられたピーターは高校3年生。彼は6歳の頃から隣の家に暮らすメリー・ジェーンに思いを寄せているが、内向的な彼はその思いを伝えられずにいた。
ある日、ピーターは親友のハリーから彼の父親であり巨大軍需企業オズコープ社の経営者ノーマン・オズボーンを紹介される。ノーマンはピーターに自分と同じ科学の才能があることで彼に関心を持ち、ピーターは科学者として著名なノーマンに尊敬の念を抱いていた。

その日、大学の研究所を見学していたピーターは、遺伝子を組み替えた特殊なクモに偶然噛まれてしまう。
ぶっくりと腫れ上がる手の甲、自宅のベッドに倒れ込むピーター。彼の身に異変が起こり始める――

映画スパイダーマンの感想 … 4/5点

映画スパイダーマンの感想を読む ≫

大日本人

大日本人
映画ジャンル/コメディ

大日本人 初回限定盤
大日本人 初回限定盤

2007年(日本)
監督/松本人志
製作/吉本興業
脚本/松本人志、高須光聖
撮影/山本英夫
音楽/テイ・トウワ
出演/松本人志、竹内力、UA、神木隆之介、板尾創路、海原はるか、宮迫博之、宮川大輔、原西孝幸
映画賞/第60回カンヌ国際映画祭監督週間部門招待作品

映画大日本人のあらすじ

いつでも折畳み傘を持ち歩く大佐藤と言う姓の男がバスの車内で取材を受けていた。バスを降り、商店街を歩く大佐藤に向けられる街の人の視線はどこか冷たい。荒廃と生活感が漂う老朽しつつある自宅、行きつけの小さな食道の店主、街の人へと大佐藤に関する取材は続く。そんな折、子供達が遊ぶ公園で取材を受けていた大佐藤の携帯が鳴る。仕事の電話だと言うことでカメラを止めるように告げる大佐藤だが取材は更に続く。スクーターに股がった大佐藤はある仕事のため、門の閉ざされた山奥の変電所へと取材クルーを引き連れ向かう――

映画大日本人の感想(※ネタばれ注意!)… 4/5点

映画大日本人の感想を読む ≫

Mr.&Mrs. スミス

Mr.&Mrs. スミス(Mr. & Mrs. Smith)
映画ジャンル/アクションラブストーリーコメディ

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション
Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション

2005年(アメリカ)
監督/ダグ・リーマン
製作/ルーカス・フォスター、アキヴァ・ゴールズマン、エリック・マクレオド、アーノン・ミルチャン、パトリック・ワックスバーガー
脚本/サイモン・キンバーグ
撮影/ボジャン・バゼリ
音楽/ジョン・パウエル
出演/ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー、ヴィンス・ヴォーン、アダム・ブロディ、ケリー・ワシントン、キース・デヴィッド、クリス・ワイツ、レイチェル・ハントリー、ミシェル・モナハン
映画賞/第15回MTVムービー・アワード格闘シーン賞(アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピット

映画Mr.&Mrs. スミスのあらすじ

南米で運命的に出会ったジョンとジェーンは、お互いに惹かれ合い電撃的に結婚をする―――

スミス夫妻となり5~6年の月日が経過し、夫婦の間には倦怠期が訪れていた。カウンセラーのもとへ訪ねるスミス夫妻には、実はお互いに絶対に知られてはいけない秘密があった。

夫のジョンは一流の殺し屋であり、妻のジェーンもまた暗殺エージェントのエースであった。

ある日、その知られてはいけない事実をひた隠しにしてきた夫婦生活に終止符をつける時が訪れる…

映画Mr.&Mrs. スミスの感想 … 3/5点

映画Mr.&Mrs. スミスの感想を読む ≫

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。