映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティム・バートンのコープスブライド

ティム・バートンのコープスブライド(Tim Burton's Corpse Bride)
映画ジャンル/アニメファンタジーラブストーリーコメディ

ティム・バートンのコープスブライド 特別版
ティム・バートンのコープスブライド 特別版

2005年(イギリス)
監督/ティム・バートン
製作/アリソン・アベイト、ティム・バートン
脚本/パメラ・ペトラー、キャロライン・トンプソン、ジョン・オーガスト
撮影/ピート・コザチク
音楽/ダニー・エルフマン
声の出演/ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、エミリー・ワトソン、トレイシー・ウルマン、ポール・ホワイトハウス、アルバート・フィニー、ジョアンナ・ラムレイ、リチャード・E・グラント、クリストファー・リー、マイケル・ガフ、ジェーン・ホロックス、ダニー・エルフマン、ディープ・ロイ

映画ティム・バートンのコープスブライドのあらすじ

むかしむかし、19世紀のヨーロッパのとある小さな村にビクターという青年と、ビクトリアという女性が暮らしていました。ビクター家は魚の缶詰業で成り上がり、お金はあるのですが品格というものが欠けていました。一方、ビクトリア家は由緒のある貴族なんですが、お金がなく、金庫にはクモの巣が張られている有様。そんな家庭環境を持ったビクターとビクトリアは、双方の親の目論みで、面識もないまま結婚することとなりました。しかし、内気なビクターは式のリハーサルで失敗を重ね、ついに結婚式は延期になってしまいます。すっかり落ち込んだ彼は暗い森へと1人、とぼとぼ向かいます。カラスが鳴く寂しい森の中で、結婚の誓いの言葉や、地面から突き出た細い小枝を女性の指に見立て、指輪をはめる練習をしていると…

映画ティム・バートンのコープスブライドの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

スポンサーサイト

映画ティム・バートンのコープスブライドの感想を読む ≫

エターナル・サンシャイン

エターナル・サンシャイン(Eternal Sunshine of the Spotless Mind)
映画ジャンル/ラブストーリーSFドラマコメディ

エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション
エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション

2004年(アメリカ)
監督/ミシェル・ゴンドリー
製作/アンソニー・ブレグマン、スティーヴ・ゴリン
脚本/チャーリー・カウフマン
撮影/エレン・クラス
音楽/ジョン・ブライオン
出演/ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、マーク・ラファロ、イライジャ・ウッド、トム・ウィルキンソン、ジェリー・ロバート・バーン、トーマス・ジェイ・ライアン、ジェーン・アダムス、デヴィッド・クロス
映画賞/第77回アカデミー脚本賞(チャーリー・カウフマン、ミシェル・ゴンドリー、ピエール・ビスマス)、第58回英国アカデミーオリジナル脚本賞(チャーリー・カウフマン)、編集賞(ヴァルディス・オスカードゥティル)。

映画エターナル・サンシャインのあらすじ

バレンタインデー間近の朝、ナイーヴな青年ジョエルは会社を休み、突発的に目的もなく人気のない海に足を運ぶ。その小さな旅行で、クレメンタインという名の明るい女性と知り合う―――

ジョエルとクレメンタインは恋に落ち、月日は流れて行った。ある日、ジョエルが彼女の勤務先へ訪れると、彼女はジョエルを無視し、彼女に新しい男が出来たことを目撃してしまう。突然の出来事に困惑し悲しみに暮れるジョエル。それを見兼ねた友人が彼に1通の手紙を差し出す…

映画エターナル・サンシャインの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画エターナル・サンシャインの感想を読む ≫

40歳の童貞男

40歳の童貞男(The 40 Year Old Virgin)
映画ジャンル/コメディラブストーリー

40歳の童貞男 無修正完全版
40歳の童貞男 無修正完全版

2005年(アメリカ)
監督/ジャド・アパトー
製作/ジャド・アパトー、ショーナ・ロバートソン、クレイトン・タウンゼント
脚本/ジャド・アパトー、スティーヴ・カレル
撮影/ジャック・N・グリーン
音楽/ライル・ワークマン
出演/スティーヴ・カレル、キャサリン・キーナー、ポール・ラッド、ロマニー・マルコ、セス・ローゲン、エリザベス・バンクス、レスリー・マン、ジェーン・リンチ、シェリー・マリル、カット・デニングス、ナンシー・ウォールズ、ジェリー・ベッドノブ、ミンディ・カリング、エリカ・ヴィッティナ・フィリップス、ミキ・ミア、モー・コリンズ、ストーミー
映画賞/第11回放送映画批評家協会コメディ作品賞、第15回MTVムービー・アワード・コメディ演技賞(スティーヴ・カレル)。

映画40歳の童貞男のあらすじ

家電量販店に務める40歳の独身男性アンディ。

彼の部屋には沢山のフィギュアが並び、大型スクリーンに映し出されたゲームを専用チェアで楽しむ日々を過ごしていた。

ある日、彼が務める店の仲間から珍しくポーカーの誘いを受ける。

その晩、テーブルを囲みポーカーを楽しんでいると、話題は彼の苦手な下ネタへと変わって行く。相づちや笑いながら話を合わせていたアンディだったが、仲間の1人が口に出す「まさかお前、童貞なのか!?」※R15指定

映画40歳の童貞男の感想 … 3/5点

映画40歳の童貞男の感想を読む ≫

アンタッチャブル

アンタッチャブル(The Untouchables)
映画ジャンル/ノンフィクションクライムアクションドラマ

アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション
アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション

1987年(アメリカ)
監督/ブライアン・デ・パルマ
製作/アート・リンソン
脚本/デヴィッド・マメット
撮影/スティーヴン・H・ブラム
音楽/エンニオ・モリコーネ
出演/ケヴィン・コスナー、ショーン・コネリー、アンディ・ガルシア、チャールズ・マーティン・スミス、ロバート・デ・ニーロ、ビリー・ドラゴ、リチャード・ブラッドフォード、ジャック・キーホー、ブラッド・サリヴァン、パトリシア・クラークソン
映画賞/第60回アカデミー助演男優賞(ショーン・コネリー)、第45回ゴールデングローブ助演男優賞(ショーン・コネリー)、第41回英国アカデミー作曲賞(エンニオ・モリコーネ)、第30回ブルーリボン外国作品賞。

映画アンタッチャブルのあらすじ

1930年、禁酒法はシカゴをギャング戦争の街に変えた。

10億ドルの密売酒のあがりをめぐり、各組織は手投げ弾と機関銃で血で血を洗う抗争を続けた。それはギャングの時代であり、アル・カポネの時代だった―――

ある日、アル・カポネの街と化していたシカゴに、財務局捜査官のエリオット・ネスが派遣されてくる。酒の密売ルートの情報を得たネス捜査官は、シカゴ警察官らを引き連れ、酒が運び込まれた倉庫へと踏み込む。

しかし、彼の初捜査は失敗に終わり、シカゴ警察がアル・カポネに買収されていることを知る…

映画アンタッチャブルの感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

映画アンタッチャブルの感想を読む ≫

レディ・イン・ザ・ウォーター

レディ・イン・ザ・ウォーター(Lady In The Water)
映画ジャンル/ファンタジードラマミステリー

レディ・イン・ザ・ウォーター 特別版
レディ・イン・ザ・ウォーター 特別版

2006年(アメリカ)
監督/M・ナイト・シャマラン
製作/M・ナイト・シャマラン、サム・マーサー
脚本/M・ナイト・シャマラン
撮影/クリストファー・ドイル
音楽/ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演/ポール・ジアマッティ、ブライス・ダラス・ハワード、フレディ・ロドリゲス、ジェフリー・ライト、ボブ・バラバン、サリタ・チョウドリー、ビル・アーウィン、M・ナイト・シャマラン、ジャレッド・ハリス、シンディ・チャン、メアリー・ベス・ハート、ノア・グレイ=ケイビー、ジョセフ・D・ライトマン、ジューン・キョウコ・ルー、トヴァ・フェルドシャー、トム・マーデロシアン
映画賞/ゴールデンラズベリーワースト監督賞、ワースト助演男優賞(M・ナイト・シャマラン)。

映画レディ・イン・ザ・ウォーターのあらすじ

アパート“コーブ荘”の管理人、クリーブランド・ヒープ。

彼はアパートの切れた電球や壊れた設備の修理をして静かな暮らしを送っていた。夜になると度々、中庭にあるプールから不審な音が聞こえてくることを除けば、平凡な毎日だった。

ある晩、中庭のプールから水遊びをするような音が聞こえてくる。クリーブランドは懐中電灯を片手に、今日こそ正体を突止めようとプールサイドを見回る…

映画レディ・イン・ザ・ウォーターの感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

映画レディ・イン・ザ・ウォーターの感想を読む ≫

パルプ・フィクション

パルプ・フィクション(Pulp Fiction)
映画ジャンル/コメディクライムバイオレンス

パルプ・フィクション
パルプ・フィクション

1994年(アメリカ)
監督/クエンティン・タランティーノ
製作/ローレンス・ベンダー
脚本/クエンティン・タランティーノ
撮影/アンジェイ・セクラ
音楽/カリン・ラットマン
出演/サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・トラボルタ、ブルース・ウィリス、ユマ・サーマン、ハーヴェイ・カイテル、ティム・ロス、アマンダ・プラマー、ロザンナ・アークエット、クリストファー・ウォーケン、マリア・デ・メディロス、ヴィング・レイムス、エリック・ストルツ、クエンティン・タランティーノ、スティーブ・ブシェミ
吹替え/大塚明夫(ジュールス)、鈴木洋考(ビンセント)、山寺宏一(ブッチ)、勝生真沙子(ミア)、西村知道(ウルフ)、安原義人(パンプキン)、安達忍(ハニー・バニー)、田中敦子(ジョディ)、菅生隆之(クーンツ大尉)、伊藤美紀(ファビアン)、玄田哲章(マーセルス)、立木文彦(ジミー)
映画賞/第47回カンヌ国際映画祭パルム・ドール、第67回アカデミー脚本賞、第29回全米批評家協会作品賞、監督賞、脚本賞、第61回NY批評家協会監督賞、脚本賞、第20回LA批評家協会作品賞、監督賞、脚本賞、男優賞(ジョン・トラボルタ)、第52回ゴールデン・グローブ脚本賞、第48回英国アカデミーオリジナル脚本賞、助演男優賞(サミュエル・L・ジャクソン)、第10回インディペンデント・スピリット作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞(サミュエル・L・ジャクソン)、第4回MTVムービー・アワード作品賞、ダンス・シーン賞(ユマ・サーマン)、第37回ブルー・リボン外国作品賞。

映画パルプ・フィクションのあらすじ

リスクをさけクールに仕事をこなそうと考えるパンプキンと、そんなパンプキンを愛するハニー・バニーの強盗カップル――

クールで頭の回転の早いジュールスと、ヨーロッパ帰りで勝ち気なビンセントのギャング・コンビ――

ジュールスらのギャングのボス、マーセルス。そのマーセルスの美しい妻、ミア。引退間近のボクサー、ブッチ――

パルプ(1)柔らかく湿った形状のない物体(2)質の悪い紙に印刷された扇情的な内容の出版物…

映画パルプ・フィクションの感想 … 5/5点

映画パルプ・フィクションの感想を読む ≫

レザボア・ドッグス

レザボア・ドッグス ~仁義なき男たち~(Reservoir Dogs)
映画ジャンル/クライムアクションバイオレンス

レザボア・ドッグス スペシャルエディション
レザボア・ドッグス スペシャルエディション

1991年(アメリカ)
監督/クエンティン・タランティーノ
製作/ローレンス・ベンダー
脚本/クエンティン・タランティーノ
撮影/アンジェイ・セクラ
音楽/ハリー・ニルソン
出演/ハーヴェイ・カイテル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、クリス・ペン、スティーブ・ブシェミ、ローレンス・ティアニー、カーク・バルツ、エディ・バンカー、クエンティン・タランティーノ、スティーブン・ライト
吹替え/堀勝之祐(Mr.ホワイト)、安原義人(Mr.オレンジ)、金尾哲夫(Mr.ブロンド)、有本欽隆(Mr.ピンク)、荒川太郎(ナイスガイ・エディ)、中庸助(ジョー・ガボット)
映画賞/第8回インディペンデント・スピリット助演男優賞(スティーブ・ブシェミ)。

映画レザボア・ドッグスのあらすじ

黒服に身を包んだいかつい男達が、レストランのテーブルを囲み雑談をしている。ある計画の為に集められた彼らは、お互いを色の名前で呼び合っている。お互いの素性は一切あかさない、プロのギャング達のルールであった。そして、ホワイト、ブラウン、オレンジ、ピンク、ブルー、ブロンドの6人は、計画を実行するのだが…

映画レザボア・ドッグスの感想 … 5/5点

映画レザボア・ドッグスの感想を読む ≫

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(The Fast And The Furious Tokyo Drift)
映画ジャンル/アクションクライム青春

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)

2006年( アメリカ)
監督/ジャスティン・リン
製作/ニール・H・モリッツ
脚本/クリス・モーガン
撮影/スティーヴン・F・ウィンドン
音楽/ブライアン・タイラー
出演/ルーカス・ブラック、バウ・ワウ、JJサニー千葉(千葉真一)、サン・カン、ナタリー・ケリー、ブライアン・ティー、レオナルド・ナム、北川景子、妻夫木聡、柴田理恵、KONISHIKI、土屋圭市、中川翔子

映画ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT のあらすじ

TOKYOの街がサーキットと化した!

アメリカ、カリフォルニアに住む高校生ショーンは、同じ学校に通うアメフト部の生徒に因縁をつけられカーレースで勝負する。無謀な運転の末、大事故を起こし警察の厄介になる。
少年院行きを逃れるため、彼は父の居る日本の東京で暮らすことになる。父に「車には近づくな」と忠告されるが、彼が通い始めた東京の高校で、トゥインキーという車好きの青年と出会い、走り屋達が集まる立体パーキングへ行く…

映画ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT の感想 … 4/5点

映画ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTの感想を読む ≫

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。