映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ
映画ジャンル/ラブストーリードラマ

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション
世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション

2004年(日本)
監督/行定勲(ゆきさだ・いさお)
脚本/坂元裕二、伊藤ちひろ、行定勲
原作/片山恭一(小学館刊)
音楽/めいなCo.
出演/長澤まさみ、大沢たかお、柴咲コウ、森山未來、山崎努、宮藤官九郎、津田寛治、高橋一生、菅野莉央、杉本哲太、古畑勝隆、内野謙太、宮崎将、マギー、大森南朋、大森南朋、西原亜季、近藤芳正、市川しんぺー、ダンディ坂野、天海祐希、木内みどり、森田芳光、田中美里
映画賞/第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(長澤まさみ)

映画世界の中心で、愛をさけぶのあらすじ

朔太郎と律子の二人は結婚を控えていた。そんな折、二人の新居で引っ越しの荷物の整理をしていた律子は、自分の懐かしい洋服のポケットから一つの古いカセットテープを見つける…。一方、朔太郎は徹夜仕事を終え新居に戻る。すると、そこには置き手紙があり、律子が失踪したことを知る。困惑に陥る朔太郎は、旧友のもとを訪ねる。旧友の勧めで律子に電話をかけようとしたその時、偶然律子の居所をテレビで知る。そこは、朔太郎の生まれ故郷である四国であり、初恋の想い出が眠る場所だった…

映画世界の中心で、愛をさけぶの感想(※ネタばれ注意!)… 4/5点

スポンサーサイト

映画世界の中心で、愛をさけぶの感想を読む ≫

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
映画ジャンル/アニメコメディファミリー

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

2001年(日本)
監督/原恵一
脚本/原恵一
原作/臼井儀人
音楽/荒川敏行、浜口史郎
声の出演/矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ、真柴摩利、林玉緒、一龍斎貞友、佐藤智恵、納谷六朗、滝沢ロコ、高田由美、富沢美智恵、三石琴乃、関根勤、小堺一機、小林愛、津嘉山正種

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲のあらすじ

春日部に、突如として誕生したテーマパーク"20世紀博"。

そこには、大人達を魅了する70年代のTVアニメやヒーロー、暮らしなどが再現されていた。ひろしやみさえも子供そっちのけで"20世紀博"に夢中になっていく。

しんちゃんたち「かすかべ防衛隊」の面々は、そんな親の姿に呆れながらも心配を募らせはじめる。

そんな夜、"20世紀博"から重要なお知らせがある事を思い出したひろしたちがTVを付けると…

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲の感想 … 3/5点

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲の感想を読む ≫

完全にログアウトしました。

僕は少々Yahoo!オークションを嗜みます。
オークションに参加するにはログインしますよね。
ログインは良いんです。何も問題無しです。
問題はログアウトです。ログアウトした後に「完全にログアウトしました。」と表示されるのですが、いつも少し気になります。「完全に」とはどう言う意味なんでしょうか?「ログアウトしました。」ではなく「完全にログアウトしました。」と言うことは、完全にログアウトしない事があると言うことなんでしょうか?
「完全とは言えないですが問題ないくらいログアウトしました。」とか
「だいたいログアウトしました。」とか
「ちょっとログアウトしました。」とか
「雰囲気ログアウトしました。」とか
「全然ログアウト出来ませんでした。」とか
「って言うかもう一回ログインしちゃいました。」みたいな事があるのでしょうか?
いつも「完全に?」と考えてしまいます。

フェイク

フェイク(Donnie Brasco)
映画ジャンル/ドラマノンフィクションクライムサスペンス

フェイク エクステンデッド・エディション
フェイク エクステンデッド・エディション

1997年(アメリカ)
監督/マイク・ニューウェル
脚本/ポール・アタナシオ
原作/ジョセフ・D・ピストーネ
音楽/パトリック・ドイル
タイトルデザイン/カイル・クーパー
出演/ジョニー・デップ、アル・パチーノ、マイケル・マドセン、ブルーノ・カービー、ジェームズ・ルッソ、アン・ヘッシュ、ジェリコ・イヴァネク、ロバート・ミアノ、ゲリー・ベッカー、ブライアン・タランティナ、ロッコ・シスト

映画フェイクのあらすじ

1982年、たった一人のFBI捜査官によりマフィアの巨大なファミリーが壊滅した。当時全米を驚愕させたセンセーショナルな実話の完全映画化。潜入捜査官ジョー・ピストーネ。偽装名ドニー・ブラスコ。

映画フェイクの感想 … 4/5点

映画フェイクの感想を読む ≫

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。