映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬまでにしたい10のこと

死ぬまでにしたい10のこと(MY LIFE WITHOUT ME)
映画ジャンル/ドラマラブストーリー

死ぬまでにしたい10のこと [DVD]
死ぬまでにしたい10のこと [DVD]

2003年(カナダ、スペイン)
監督/イザベル・コヘット
製作/エステル・ガルシア、ゴードン・マクレナン
製作総指揮/アグスティン・アルモドバル、ペドロ・アルモドバル、オグデン・ギャヴァンスキー
脚本/イザベル・コヘット
撮影/ジャン=クロード・ラリュー
音楽/アルフォンソ・ヴィラロンガ
出演/サラ・ポーリー、スコット・スピードマン、デボラ・ハリー、マーク・ラファロ、レオノール・ワトリング、アマンダ・プラマー、ジュリアン・リッチングス、マリア・デ・メディロス、アルフレッド・モリナ
壁紙/死ぬまでにしたい10のことの壁紙(800x600)

映画死ぬまでにしたい10のことのあらすじ

彼女は23歳。あと2ヵ月の命。初めて「生きる」と決めた――

狭いトレーラーハウスで、失業中の夫と2人の娘と暮らす23歳のアン。

ある日、彼女は突然の腹痛に襲われ病院に運ばれる。

検査の結果、医師の口から余命2ヶ月の宣告を受ける。

若い彼女の体は、癌の進行が早く、すでに全身に転移してしまっていた。

アンは、この事実を誰にも打ち明けないと決意し、深夜のコーヒーショップで、死ぬまでにしたいことを書き出していく…

映画死ぬまでにしたい10のことの感想 … 4/5点

スポンサーサイト

映画死ぬまでにしたい10のことの感想を読む ≫

リトル・ミス・サンシャイン

リトル・ミス・サンシャイン(LITTLE MISS SUNSHINE)
映画ジャンル/ドラマコメディ

リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ミス・サンシャイン

2006年(アメリカ)
監督/ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス
製作/アルバート・バーガー、ピーター・サラフ、デヴィッド・T・フレンドリー、マーク・タートルトーブ、ロン・イェルザ
脚本/マイケル・アーント
撮影/ティム・サーステッド
音楽/マイケル・ダナ
出演/グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル、アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン、ブライアン・クランストン、マーク・タートルトーブ、ベス・グラント、ゴードン・トムソン、メアリー・リン・ライスカブ、マット・ウィンストン、ジェフ・ミード、ジュリオ・オスカー・メチョソ、ウォレス・ランガム
映画賞/第79回アカデミー助演男優賞(アラン・アーキン)、脚本賞(マイケル・アーント)。第32回LA批評家協会ニュー・ジェネレーション賞(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス、マイケル・アーント)。第60回英国アカデミー助演男優賞(アラン・アーキン)、オリジナル脚本賞(マイケル・アーント)。第22回インディペンデント・スピリット作品賞、監督賞(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス)、助演男優賞(アラン・アーキン、ポール・ダノ)、新人脚本賞(マイケル・アーント)。第12回放送映画批評家協会アンサンブル演技賞、脚本賞(マイケル・アーント)、若手男優賞(ポール・ダノ)、若手女優賞(アビゲイル・ブレスリン)。第19回東京国際映画祭最優秀監督賞(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス)、最優秀女優賞(アビゲイル・ブレスリン)。第32回セザール外国映画賞(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス)。
壁紙/リトル・ミス・サンシャイン壁紙1280x1024。

映画リトル・ミス・サンシャインのあらすじ

夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く―――

アリゾナ州の田舎町に住むフーヴァー一家は、家族それぞれに問題を抱えていた。

パパのリチャードはうさんくさい人生哲学を語り“負けを拒否する!”をモットーとする成功論提唱者。

長男ドウェーンは巨大なニーチェ画を飾った自室にこもり、沈黙を続ける変わり者。

小太りで眼鏡をかけた9歳の妹オリーヴはビューティー・クィーンを夢見て、ミスコンのビデオを研究中。

ヘロイン吸引で夢見心地となっているグランパは勝手言いたい放題。

そんな平穏とは程遠いフーヴァー家の主婦シェリルが、夫リチャードの反対をよそに、自殺未遂で入院していた兄フランクを自宅へ連れ帰る・・・

映画リトル・ミス・サンシャインの感想(※ネタばれ注意!)… 4/5点

映画リトル・ミス・サンシャインの感想を読む ≫

鉄コン筋クリート

鉄コン筋クリート
映画ジャンル/アニメドラマクライムバイオレンス

鉄コン筋クリート (通常版)
鉄コン筋クリート (通常版)

2006年(日本)
監督/マイケル・アリアス
アニメーション製作/STUDIO4℃
脚本/アンソニー・ワイントラーブ
原作/松本大洋
美術監督/木村真二
色彩設計/伊東美由樹
音楽/Plaid
声の出演/二宮和也(クロ)、蒼井優(シロ)、伊勢谷友介(木村)、宮藤官九郎(沢田)、大森南朋(チョコラ)、岡田義徳(バニラ)、森三中(小僧)、納谷六朗(じっちゃ)、西村知道(藤村)、麦人(組長)、田中泯(ネズミ)、本木雅弘(蛇)
壁紙/鉄コン筋クリートの壁紙 1280x1024

映画鉄コン筋クリートのあらすじ

義理と人情とヤクザの地獄の街、宝町。

その街を根城として自由に飛び回るネコと呼ばれる2人の少年、クロとシロ。

ある日、昔なじみのヤクザ、通称ネズミが街に戻ってきた。ずっと変わらなく見えた宝町に、子供の城建設プロジェクトなる不穏な動きが見え始める。

不気味な3人組の殺し屋、背後にチラつく謎の男、蛇。

宝町が大きく動く時、2人の運命も大きく揺り動かされる―――

映画鉄コン筋クリートの感想 … 4/5点

映画鉄コン筋クリートの感想を読む ≫

ザ・コミットメンツ

ザ・コミットメンツ(The Commitments)
映画ジャンル/青春ドラマ音楽

ザ・コミットメンツ
ザ・コミットメンツ

1991年(イギリス・アイルランド)
監督/アラン・パーカー
製作/ロジャー・ランドール=カトラー、リンダ・マイルズ
脚本/ディック・クレメント、イアン・ラ・フレネ、ロディ・ドイル
原作/ロディ・ドイル
撮影/ゲイル・タッターサル
音楽/ウィルソン・ピケット
出演/ロバート・アーキンズ、マイケル・エイハーン、アンジェリナ・ボール、マリア・ドイル、デイヴ・フィネガン、ブロナー・ギャラガー、フェリム・ゴームリー、グレン・ハンサード、アンドリュー・ストロング、ケネス・マクラスキー、ジョニー・マーフィ、ディック・マッセイ、コルム・ミーニイ
映画賞/第45回英国アカデミー作品賞、監督賞(アラン・パーカー)、脚色賞(イアン・ラ・フレネ、ディック・クレメント、ロディ・ドイル)、編集賞。第4回東京国際映画祭最優秀監督賞(アラン・パーカー)。

映画ザ・コミットメンツのあらすじ

みんな、同じ夢を追いかけていた―――

アイルランドの首都ダブリンに本物のソウル・バンドを作ることを夢見る失業中のジミー。ある日、地元の新聞に広告を載せメンバーを募集する。

しかし、オーディションに集まってきたのは期待外れの奴ばかり・・・

そんな中、どうにかジミーは素人同然のメンバーを11人集め「ザ・コミットメンツ」を結成する。

映画ザ・コミットメンツの感想 … 4/5点

映画ザ・コミットメンツの感想を読む ≫

リリイ・シュシュのすべて

リリイ・シュシュのすべて
映画ジャンル/青春ドラマ

B000066FWV
リリイ・シュシュのすべて

2001年(日本)
監督/岩井俊二
脚本/岩井俊二
撮影/篠田昇
音楽/小林武史
出演/市原隼人、忍成修吾、蒼井優、伊藤歩、勝地涼、五十畑迅人、郭智博、田中丈資、土倉有貴、南イサム、吉岡麻由子、細山田隆人、田中要次、大沢たかお、稲森いずみ、市川実和子、杉本哲太

映画リリイ・シュシュのすべてのあらすじ

岩井監督「遺作を選べたら、これにしたい」―――

ある地方都市。

中学2年生の雄一は、校内でイジメを受けている。そんな彼の唯一の救いはカリスマ的女性シンガー「リリィ・シュシュ」の歌だけだった。

彼は「リリィ・シュシュ」のファンサイトを立ち上げ、そこで声にできない叫びを吐露する日々が続く。

いつしかそのサイトで一人の人物と心を通わせるのだが・・・

映画リリイ・シュシュのすべての感想 … 4/5点

映画リリイ・シュシュのすべての感想を読む ≫

 | HOME |  NEXT ≫

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。