映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ(Warriors Of The Wind)
映画ジャンル/アニメファンタジーアクションSF

風の谷のナウシカ
風の谷のナウシカ

1984年(日本)
監督/宮崎駿(宮駿)
製作/徳間康快、近藤道生
プロデューサー/高畑勲
脚本/宮崎駿
原作/宮崎駿
撮影/白神孝治、首藤行朝、杉浦守、清水泰弘
音楽/久石譲
声の出演/島本須美(ナウシカ)、辻村真人(ジル)、納谷悟朗(ユパ)、京田尚子(大ババ)、永井一郎(ミト)、宮内幸平(ゴル)、八奈見乗児(ギックリ)、矢田稔(ニガ)、吉田理保子(トエト)、松田洋治(アスベル)、冨永みーな(ラステル)、寺田誠(ペジテ市長)、坪井章子(ラステルの母)、榊原良子(クシャナ)、家弓家正(クロトワ)、菅谷政子、貴家堂子、坂本千夏、TARAKO、水鳥鉄夫、中村武己、太田貴子、島田敏、野村信次、大塚芳忠、鮎原久子
壁紙/風の谷のナウシカ壁紙

映画風の谷のナウシカのあらすじ

火の7日間と呼ばれる戦争により文明は崩壊した。1000年が過ぎ、世界は有毒な菌類の森、腐海(ふかい)に覆われようとしていた―――

腐海のほとりにある辺境の小国「風の谷」。

その「風の谷」の族長ジルの娘であるナウシカは、腐海に生息する獰猛な蟲と心を通わせ、メーヴェ(風使いが用いる凧)を操り鳥のように自由に空を飛ぶ少女。

ある日、ナウシカがいつものように腐海を探索していると、蟲のなかでも最大・最強を誇る王蟲(オーム)の抜け殻を発見する。

村人のため、抜け殻を持ち帰ろうとした時、蟲に襲われている人の気配を感じ救助に向かう。そこには怒りに我を忘れた王蟲が、師であるユパを猛追する姿が・・・

映画風の谷のナウシカの感想 … 5/5点

スポンサーサイト

映画風の谷のナウシカの感想を読む ≫

クローバーフィールド/HAKAISHA

クローバーフィールド/HAKAISHA(Cloverfield)
映画ジャンル/SFパニック

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション
クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション

2008年(アメリカ)
監督/マット・リーヴス
製作/J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
脚本/ドリュー・ゴダード
撮影/マイケル・ボンヴィレイン
音楽/マイケル・ジアッチーノ
出演/マイケル・スタール=デヴィッド、マイク・ヴォーゲル、オデット・ユーストマン、リジー・キャプラン、ジェシカ・ルーカス、T・J・ミラー
壁紙/クローバーフィールド壁紙1 1024x768、クローバーフィールド壁紙2 1600x1201、クローバーフィールド壁紙3 1211x908、クローバーフィールド壁紙4 1024x768、クローバーフィールド壁紙5 1024x768、クローバーフィールド壁紙6 1280x960、クローバーフィールド壁紙7 1600x1200

映画クローバーフィールド/HAKAISHAのあらすじ

――コードネーム“Cloverfield”と呼ばれるビデオ映像。かつてセントラル・パークと呼ばれた場所で見つかったものである――

ニューヨークのとある高級アパートで日本への転属が決まったロブを祝うため、サプライズ・パーティが開かれていた。

その最中、突然、不気味な爆音が鳴り響き、パーティ会場は騒然となる。

外の様子を確認しようと屋上へ向かった彼らは、そこで炎に包まれたニューヨーク市街を目撃する・・・

映画クローバーフィールド/HAKAISHAの感想 … 5/5点

映画クローバーフィールド/HAKAISHAの感想を読む ≫

スパイダーマン3

スパイダーマン3(Spider-man 3)
映画ジャンル/アクションSF

スパイダーマンTM3 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) (初回限定豪華アウターケース付)
スパイダーマンTM3 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) (初回限定豪華アウターケース付)

2007年(アメリカ)
監督/サム・ライミ
製作/スタン・リー
脚本/アルヴィン・サージェント、アイヴァン・ライミ、サム・ライミ
撮影/ビル・ポープ
音楽/クリストファー・ヤング
出演/トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、トファー・グレイス、ブライス・ダラス・ハワード、ジェームズ・クロムウェル、ローズマリー・ハリス、J・K・シモンズ、ビル・ナン、エリザベス・バンクス、ディラン・ベイカー、テレサ・ラッセル、クリフ・ロバートソン、ジョン・パクストン、テッド・ライミ、ブルース・キャンベル、パーラ・ヘイニー=ジャーディン、エリヤ・バスキン、マゲイナ・トーヴァ、スタン・リー、ベッキー・アン・ベイカー

映画スパイダーマン3のあらすじ

もう一人の敵、それは「自分」―――

スパイダーマンことピーター・パーカーはNY市民にスパイダーマンとして賞賛され、大学での成績もトップ、ブロードウェイ・デビューを果たした愛しのMJ(メリー・ジェーン)との関係も良好で、プロポーズの機会を伺っていた。

しかし、そんな幸せなピーターのもとへ、父の復讐に燃える親友ハリー、謎の黒い液状生命体、伯父を殺した真犯人であるフリント・マルコと、数々の問題が舞い込んでくる―――

映画スパイダーマン3の感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

映画スパイダーマン3の感想を読む ≫

スパイダーマン2

スパイダーマン2(Spider-man 2)
映画ジャンル/アクションSF

スパイダーマンTM2 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
スパイダーマンTM2 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

2004年(アメリカ)
監督/サム・ライミ
製作/アヴィ・アラッド、ローラ・ジスキン
脚本/スタン・リー、スティーヴ・ディッコ
撮影/ビル・ポープ
音楽/ダニー・エルフマン
タイトルデザイン/カイル・クーパー
出演/トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、アルフレッド・モリナ、ジェームズ・フランコ、ローズマリー・ハリス、J・K・シモンズ、ディラン・ベイカー、ビル・ナン、テッド・ライミ、エリザベス・バンクス、ブルース・キャンベル、ドナ・マーフィ、ダニエル・ギリス、グレッグ・エデルマン、ダニエル・デイ・キム、クリフ・ロバートソン、ウィレム・デフォー、ヴァネッサ・フェルリト、クリスティーン・エスタブルック、エリヤ・バスキン、マゲイナ・トーヴァ
映画賞/第77回アカデミー視覚効果賞(ジョン・ダイクストラ)、第10回放送映画批評家協会ポピュラー作品賞

映画スパイダーマン2のあらすじ

グリーン・ゴブリンとの激しい死闘から2年。大学生になったピーターは、アルバイトと授業に追われる傍ら、スパイダーマンとしてニューヨークの街を守る多忙な日々を過ごしていた。

愛しのMJ(メリー・ジェーン)は念願の舞台女優となり、親友のハリーは亡き父の跡を継ぎオズコープ社の経営に勤しみつつ、父の仇であるスパイダーマンへの復讐に燃えていた。
日々の多忙さと複雑になっていく人間関係にピーターは悩みはじめる――

ある日ピーターはハリーの計らいにより、彼の会社のもとで核融合の研究を仕切るDr.オットー(科学者オットー・オクタビアス)と出会う。 翌日、Dr.オットーは観衆の前でオズコープ社の社運を賭けた、核融合のデモンストレーション行う。4本の金属製人工アームを操り、デモンストレーションを始めるのだが…

映画スパイダーマン2の感想 … 4/5点

映画スパイダーマン2の感想を読む ≫

スパイダーマン

スパイダーマン(Spider-Man)
映画ジャンル/アクションSF

スパイダーマン TM デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
スパイダーマン TM デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

2002年(アメリカ)
監督/サム・ライミ
製作/イアン・ブライス、ローラ・ジスキン
脚本/スタン・リー、スティーヴ・ディッコ
撮影/ドン・バージェス
音楽/ダニー・エルフマン
タイトルデザイン/カイル・クーパー
出演/トビー・マグワイア、ウィレム・デフォー、キルステン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、J・K・シモンズ、クリフ・ロバートソン、ローズマリー・ハリス、ランディ・ポッフォ、ジョー・マンガニエロ、マイケル・パパジョン、テッド・ライミ、ブルース・キャンベル、スタン・リー、エリザベス・バンクス
映画賞/第12回MTVムービー・アワード女優賞(キルステン・ダンスト)キス・シーン賞(トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト)

映画スパイダーマンのあらすじ

大いなる力には、大いなる責任が伴う――

幼少にして両親を亡くし、伯父夫妻のもとで育てられたピーターは高校3年生。彼は6歳の頃から隣の家に暮らすメリー・ジェーンに思いを寄せているが、内向的な彼はその思いを伝えられずにいた。
ある日、ピーターは親友のハリーから彼の父親であり巨大軍需企業オズコープ社の経営者ノーマン・オズボーンを紹介される。ノーマンはピーターに自分と同じ科学の才能があることで彼に関心を持ち、ピーターは科学者として著名なノーマンに尊敬の念を抱いていた。

その日、大学の研究所を見学していたピーターは、遺伝子を組み替えた特殊なクモに偶然噛まれてしまう。
ぶっくりと腫れ上がる手の甲、自宅のベッドに倒れ込むピーター。彼の身に異変が起こり始める――

映画スパイダーマンの感想 … 4/5点

映画スパイダーマンの感想を読む ≫

 | HOME |  NEXT ≫

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


SF >

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。