映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンニバル・ライジング

ハンニバル・ライジング(Hannibal Rising)
映画ジャンル/サスペンスクライムドラマ戦争

ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション
ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション

2007年(アメリカ・イギリス・フランス)
監督/ピーター・ウェーバー
製作/ディノ・デ・ラウレンティス、マーサ・デ・ラウレンティス、タラク・ベン・アマール
脚本/トマス・ハリス
原作/トマス・ハリス
撮影/ベン・デイヴィス
音楽/アイラン・エシュケリ、梅林茂
出演/ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンス、ケヴィン・マクキッド、スティーヴン・ウォーターズ、リチャード・ブレイク、ドミニク・ウェスト、チャールズ・マックイグノン、アーロン・トーマス、ヘレナ・リア・タコヴシュカ、イヴァン・マレヴィッチ、ゴラン・コスティッチ、インゲボルガ・ダクネイト

映画ハンニバル・ライジングのあらすじ

1944年のリトアニア。戦禍で両親を亡くしたハンニバル・レクター少年と幼い妹のミーシャは山小屋に隠れ住んでいた。

ある日、その山小屋に残忍な逃亡兵のグループがやってくる――

8年後、ソ連の孤児院で心を閉ざしたまま成長したハンニバルは、親類の住むパリへと向かい脱走する。

しかし、すでに叔父はこの世を去り、そこには未亡人の日本人女性レディ・ムラサキが暮らしていた。彼女はハンニバルを温かく迎え、次第にハンニバルの心も開きつつあった。

ある日、市場でレディ・ムラサキが侮辱されたことを切っ掛けに、ハンニバルの中に封印されていた闇の扉が開いていく・・・

映画ハンニバル・ライジングの感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

スポンサーサイト

映画ハンニバル・ライジングの感想を読む ≫

戦場のピアニスト

戦場のピアニスト(The Pianist)
映画ジャンル/戦争ドラマノンフィクション音楽

戦場のピアニスト
戦場のピアニスト

2002年(フランス・ドイツ・ポーランド・イギリス)
監督/ロマン・ポランスキー
製作/ロベール・ベンムッサ、ロマン・ポランスキー、アラン・サルド
脚本/ロナルド・ハーウッド、ロマン・ポランスキー
撮影/パヴェル・エデルマン
音楽/ヴォイチェフ・キラール
出演/エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン、エミリア・フォックス、ミハウ・ジェブロフスキー、エド・ストッパード、モーリン・リップマン、フランク・フィンレイ、ジェシカ・ケイト・マイヤー、ジュリア・レイナー、ワーニャ・ミュエス、トーマス・ラヴィンスキー、ヨアヒム・パウル・アスベック、ポペック、ルース・プラット、ヴァレンタイン・ペルカ、ロナン・ヴィバート
映画賞/第55回カンヌ国際映画祭パルム・ドール、第75回アカデミー主演男優賞(エイドリアン・ブロディ)、監督賞(ロマン・ポランスキー)、脚色賞(ロナルド・ハーウッド)、第37回全米批評家協会作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞、第56回英国アカデミー作品賞、監督賞、第15回ヨーロッパ映画撮影賞、第27回日本アカデミー外国作品賞、第28回セザール作品賞、監督賞、主演男優賞、音楽賞、撮影賞、音響賞、美術賞。

映画戦場のピアニストのあらすじ

1939年の9月。ナチス・ドイツがポーランドに侵攻して来た日、ユダヤ系ポーランド人ピアニストのウワディク・シュピルマンは、ワルシャワのラジオ局でショパンを演奏していた。ラジオ局を襲った爆撃から逃れる途中、彼は親友の妹ドロタと出会う。

街はドイツ軍に占拠され、日に日にユダヤ人に対する締め付けが厳しくなってきたある日、ユダヤ人居住区「ゲットー」への移住命令が出される。住み慣れた家を手放し、シュピルマン家もゲットーへ向かう日、ウワディクは見送りにきていたドロタに別れを告げる。

ゲットーの中ではユダヤ人の人権はなく、ドイツ兵やゲシュタポ(ナチス・ドイツの秘密警察)による虐殺行為や、飢餓と闘う日々が待っていた―――

映画戦場のピアニストの感想 … 4/5点

映画戦場のピアニストの感想を読む ≫

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


戦争 >

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。