映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイタニック

タイタニック(TITANIC)
映画ジャンル/ラブストーリードラマパニック

劇場公開10周年記念/セリーヌ・ディオン来日記念 タイタニック (アルティメット・エディション) [DVD]
劇場公開10周年記念/セリーヌ・ディオン来日記念 タイタニック (アルティメット・エディション) [DVD]

1997年(アメリカ)
監督/ジェームズ・キャメロン
製作/ジェームズ・キャメロン、ジョン・ランドー
脚本/ジェームズ・キャメロン
撮影/ラッセル・カーペンター
音楽/ジェームズ・ホーナー
出演/レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツ、フランシス・フィッシャー、ビル・パクストン、バーナード・ヒル、ジョナサン・ハイド、ヴィクター・ガーバー、デヴィッド・ワーナー、ダニー・ヌッチ、ジャネット・ゴールドスタイン、ルイス・アバナシー、ニコラス・カスコーネ、ユアン・スチュワート、ヨアン・グリフィズ、ジョナサン・フィリップス、ポール・ブライトウェル、エリック・ブレーデン、マイケル・エンサイン、クレイグ・ケリー、ジェームズ・ランカスター、ジョン・ウォルカット、セス・アドキンス、バリー・デネン、トリシア・オニール、シェイ・デュフィン、スージー・エイミス、グロリア・スチュアート
映画賞/第70回アカデミー作品賞、監督賞(ジェームズ・キャメロン)、撮影賞(ラッセル・カーペンター)、主題歌賞(ジェームズ・ホーナー、ウィル・ジェニングス)、音楽賞(ジェームズ・ホーナー)、美術賞(ピーター・ラモント、マイケル・フォード)、衣装デザイン賞(デボラ・L・スコット)、視覚効果賞(トーマス・L・フィッシャー、マイケル・カンファー、マーク・ラソフ、ロバート・レガート)、音響賞(マーク・ウラノ、ゲイリー・サマーズ、ゲイリー・リドストロム、トム・ジョンソン)、音響効果編集賞(トム・ベルフォート、クリストファー・ボイズ)、編集賞(コンラッド・バフ、ジェームズ・キャメロン、リチャード・A・ハリス)。第23回LA批評家協会美術賞(ピーター・ラモンド)。第55回ゴールデン・グローブ作品賞、監督賞(ジェームズ・キャメロン)、音楽賞(ジェームズ・ホーナー)、歌曲賞(My Heart Will Go On/Celine Dion)。第11回ヨーロッパ映画観客賞(ケイト・ウィンスレット)。第3回放送映画批評家協会監督賞(ジェームズ・キャメロン)。第7回MTVムービー・アワード作品賞、男優賞(レオナルド・ディカプリオ)。第21回日本アカデミー外国作品賞。第40回ブルーリボン外国作品賞。
壁紙/タイタニック・ローズのヌード画壁紙1024x768。タイタニック号の壁紙1024x768。タイタニック号の舳先で抱き合う二人の壁紙1024x768。タイタニック号のデッキで見つめ合う二人の壁紙1024x768。ジャックとローズのキスシーンの壁紙1024x768。

映画タイタニックのあらすじ

18億3500万ドル。映画史上最高の興行収入を記録した歴史的大作―――

1912年4月10日。イギリスのサウザンプトン港では、豪華客船タイタニック号が処女航海をむかえようとしていた。

出港直前、画家志望の貧しい青年ジャック・ドーソンはポーカーで勝ち取った船のチケットを手にタイタニック号に乗り込む。

アメリカへと向けて出航したその船上で、ジャックはイギリスの上流階級の娘ローズに一目で心を奪われていた。

それは、1,523人もの命を奪った悲劇の船で始まった運命の恋だった・・・

映画タイタニックの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

スポンサーサイト

映画タイタニックの感想を読む ≫

死ぬまでにしたい10のこと

死ぬまでにしたい10のこと(MY LIFE WITHOUT ME)
映画ジャンル/ドラマラブストーリー

死ぬまでにしたい10のこと [DVD]
死ぬまでにしたい10のこと [DVD]

2003年(カナダ、スペイン)
監督/イザベル・コヘット
製作/エステル・ガルシア、ゴードン・マクレナン
製作総指揮/アグスティン・アルモドバル、ペドロ・アルモドバル、オグデン・ギャヴァンスキー
脚本/イザベル・コヘット
撮影/ジャン=クロード・ラリュー
音楽/アルフォンソ・ヴィラロンガ
出演/サラ・ポーリー、スコット・スピードマン、デボラ・ハリー、マーク・ラファロ、レオノール・ワトリング、アマンダ・プラマー、ジュリアン・リッチングス、マリア・デ・メディロス、アルフレッド・モリナ
壁紙/死ぬまでにしたい10のことの壁紙(800x600)

映画死ぬまでにしたい10のことのあらすじ

彼女は23歳。あと2ヵ月の命。初めて「生きる」と決めた――

狭いトレーラーハウスで、失業中の夫と2人の娘と暮らす23歳のアン。

ある日、彼女は突然の腹痛に襲われ病院に運ばれる。

検査の結果、医師の口から余命2ヶ月の宣告を受ける。

若い彼女の体は、癌の進行が早く、すでに全身に転移してしまっていた。

アンは、この事実を誰にも打ち明けないと決意し、深夜のコーヒーショップで、死ぬまでにしたいことを書き出していく…

映画死ぬまでにしたい10のことの感想 … 4/5点

映画死ぬまでにしたい10のことの感想を読む ≫

花とアリス

花とアリス
映画ジャンル/青春コメディラブストーリー

花とアリス 特別版
花とアリス 特別版

2004年(日本)
監督/岩井俊二
脚本/岩井俊二
撮影/角田真一
美術/種田陽平
音楽/岩井俊二
出演/蒼井優、鈴木杏、郭智博、相田翔子、阿部寛、平泉成、木村多江、坂本真、大沢たかお、広末涼子、ふせえり、ルー大柴、アジャ・コング、叶美香、伊藤歩、中野裕之、虻川美穂子、梶原善、テリー伊藤、大森南朋、松尾れい子
映画賞/第14回日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞(蒼井優

映画花とアリスのあらすじ

―――君、だれ?

中学卒業を控えた荒井花(ハナ)と有栖川徹子(アリス)の2人は同じバレエ教室に通う親友。

ハナは通学電車の中で見かけた高校生の宮本に密かに恋をしていた。

やがてハナとアリスは宮本と同じ高校へ進学し、ハナは憧れの宮本と同じ落研に入部する。

明くる日、宮本が歩きながら落語の本を読んでいると、熱中するあまりシャッターに頭をぶつけ転倒してしまう。後をつけていたハナは慌てて駆け寄り、意識朦朧とする宮本に、自分が恋人だと信じ込ませようとする・・・

映画花とアリスの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画花とアリスの感想を読む ≫

クローズド・ノート

クローズド・ノート(Closed Note)
映画ジャンル/ラブストーリードラマ

2007年(日本)
監督/行定勲
脚本/吉田智子、伊藤ちひろ、行定勲
原作/雫井脩介
音楽/めいなCo.
出演/沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、永作博美、板谷由夏、田中哲司、サエコ、中村嘉葎雄、黄川田将也、篠井英介、粟田麗、山口愛、石橋蓮司

映画クローズド・ノートのあらすじ

いけないと思いながらも読んでしまった「日記」が彼女の運命を変えていく――

教師を目指す女子大生の香恵は、引っ越してきたアパートの2階の部屋で前の住人が忘れていった一冊のノートを見つける。ノートの中身が気になった香恵はノートを開こうとするが、引っ越しの手伝いをしてくれていた親友に、他人のノートを開くことを躊躇わされる。ふと部屋の外の通りに目をやると見知らぬ男性が香恵の部屋を見上げていた―――

香恵は結局ノートを開かずに、大学での授業、マンドリン部の練習、万年筆屋でのアルバイトと言った日常を過ごしていた。

そんな折、アルバイト先の万年筆屋に香恵が引っ越して来た日に部屋を見上げていた男性が客として訪れる。香恵は彼へ接客するうちに好意を抱くが、彼への思いを持て余し、何気なく前の住人の忘れていった一冊のノートに手を伸ばす―――

映画クローズド・ノートの感想(※ネタばれ注意!)… 1/5点

映画クローズド・ノートの感想を読む ≫

Mr.&Mrs. スミス

Mr.&Mrs. スミス(Mr. & Mrs. Smith)
映画ジャンル/アクションラブストーリーコメディ

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション
Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション

2005年(アメリカ)
監督/ダグ・リーマン
製作/ルーカス・フォスター、アキヴァ・ゴールズマン、エリック・マクレオド、アーノン・ミルチャン、パトリック・ワックスバーガー
脚本/サイモン・キンバーグ
撮影/ボジャン・バゼリ
音楽/ジョン・パウエル
出演/ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー、ヴィンス・ヴォーン、アダム・ブロディ、ケリー・ワシントン、キース・デヴィッド、クリス・ワイツ、レイチェル・ハントリー、ミシェル・モナハン
映画賞/第15回MTVムービー・アワード格闘シーン賞(アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピット

映画Mr.&Mrs. スミスのあらすじ

南米で運命的に出会ったジョンとジェーンは、お互いに惹かれ合い電撃的に結婚をする―――

スミス夫妻となり5~6年の月日が経過し、夫婦の間には倦怠期が訪れていた。カウンセラーのもとへ訪ねるスミス夫妻には、実はお互いに絶対に知られてはいけない秘密があった。

夫のジョンは一流の殺し屋であり、妻のジェーンもまた暗殺エージェントのエースであった。

ある日、その知られてはいけない事実をひた隠しにしてきた夫婦生活に終止符をつける時が訪れる…

映画Mr.&Mrs. スミスの感想 … 3/5点

映画Mr.&Mrs. スミスの感想を読む ≫

 | HOME |  NEXT ≫

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


ラブストーリー >

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。