映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ(Warriors Of The Wind)
映画ジャンル/アニメファンタジーアクションSF

風の谷のナウシカ
風の谷のナウシカ

1984年(日本)
監督/宮崎駿(宮駿)
製作/徳間康快、近藤道生
プロデューサー/高畑勲
脚本/宮崎駿
原作/宮崎駿
撮影/白神孝治、首藤行朝、杉浦守、清水泰弘
音楽/久石譲
声の出演/島本須美(ナウシカ)、辻村真人(ジル)、納谷悟朗(ユパ)、京田尚子(大ババ)、永井一郎(ミト)、宮内幸平(ゴル)、八奈見乗児(ギックリ)、矢田稔(ニガ)、吉田理保子(トエト)、松田洋治(アスベル)、冨永みーな(ラステル)、寺田誠(ペジテ市長)、坪井章子(ラステルの母)、榊原良子(クシャナ)、家弓家正(クロトワ)、菅谷政子、貴家堂子、坂本千夏、TARAKO、水鳥鉄夫、中村武己、太田貴子、島田敏、野村信次、大塚芳忠、鮎原久子
壁紙/風の谷のナウシカ壁紙

映画風の谷のナウシカのあらすじ

火の7日間と呼ばれる戦争により文明は崩壊した。1000年が過ぎ、世界は有毒な菌類の森、腐海(ふかい)に覆われようとしていた―――

腐海のほとりにある辺境の小国「風の谷」。

その「風の谷」の族長ジルの娘であるナウシカは、腐海に生息する獰猛な蟲と心を通わせ、メーヴェ(風使いが用いる凧)を操り鳥のように自由に空を飛ぶ少女。

ある日、ナウシカがいつものように腐海を探索していると、蟲のなかでも最大・最強を誇る王蟲(オーム)の抜け殻を発見する。

村人のため、抜け殻を持ち帰ろうとした時、蟲に襲われている人の気配を感じ救助に向かう。そこには怒りに我を忘れた王蟲が、師であるユパを猛追する姿が・・・

映画風の谷のナウシカの感想 … 5/5点

スポンサーサイト

映画風の谷のナウシカの感想を読む ≫

天空の城ラピュタ

天空の城ラピュタ(LAPUTA: Castle In The Sky)
映画ジャンル/アニメアドベンチャーファンタジー

天空の城ラピュタ
天空の城ラピュタ

1986年(日本)
監督/宮崎駿(宮駿)
製作/徳間康快
プロデューサー/高畑勲
脚本/宮崎駿
原作/宮崎駿
撮影/高橋プロダクション、高橋宏固
音楽/久石譲
声の出演/田中真弓(パズー)、横沢啓子(シータ)、初井言榮(ドーラ)、寺田農(ムスカ)、常田富士男(ポムじい)、永井一郎(将軍)、糸博(親方)、鷲尾真知子(おかみ)、神山卓三(シャルル)、安原義人(ルイ)、亀山助清(アンリ)、TARAKO(マッジ)、槐柳二(老技師)
壁紙/天空の城ラピュタ壁紙1 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙2 1024x819、天空の城ラピュタ壁紙3 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙4 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙5 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙6 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙7 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙8 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙9 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙10 1024x768、天空の城ラピュタ壁紙11 1400x791、天空の城ラピュタ壁紙16枚 1024x768

映画天空の城ラピュタのあらすじ

ラピュタは本当にあったんだ―――

スラッグ峡谷に住んでいる見習い機械工の少年パズー。

ある日、空から降りてきた少女シータを助け自宅にかくまう。シータの首には浮力を持つ謎の鉱石「飛行石」が青く光っていた。

一夜明け、パズーの家にシータの持つ「飛行石」を狙い海賊ドーラ一家が訪れる。パズーはシータを連れ逃走を図った。

ところがその行く手に、「ラピュタ帝国」を捜索中の国防軍が現れる・・・

映画天空の城ラピュタの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画天空の城ラピュタの感想を読む ≫

どろろ

どろろ
映画ジャンル/アクションファンタジー時代劇ドラマ

どろろ(通常版)
どろろ(通常版)

2007年(日本)
監督/塩田明彦
アクション監督/チン・シウトン
脚本/NAKA雅MURA、塩田明彦
原作/手塚治虫
撮影/柴主高秀
美術/丸尾知行
音楽/安川午朗、福岡ユタカ
出演/妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太、麻生久美子、杉本哲太、土屋アンナ、菅田俊、劇団ひとり、きたろう、寺門ジモン、山谷初男、でんでん、春木みさよ、インスタントジョンソン、中村嘉葎雄、原田芳雄、原田美枝子

映画どろろのあらすじ

物語が、動き出す。

はるか古か遠い未来か、さだかでない。大地の東の果てにあるその国では、数十年に及ぶ戦が続き、秩序を失った争いと荒廃だけがすべてを支配していた―――

武将・醍醐景光は、国を治める力を手に入れるため、生まれてくる我が子を四十八体の魔物に捧げ、その見返りとして巨大なる「力」を手にする。

それから二十年の時は流れ、ある砂漠の町に一人の男が現れる。その男は町の酒場に潜み人を喰らう魔物を、自らの左腕に繋がれた不思議な刀で退治する。その直後、男の片足は抜け落ち、新しい足が生えてくる。

その信じがたい光景を偶然見てしまった盗人の女。その男と刀に興味を持ち、男の後を追い始める・・・

映画どろろの感想(※ネタばれ注意!)… 4/5点

映画どろろの感想を読む ≫

ティム・バートンのコープスブライド

ティム・バートンのコープスブライド(Tim Burton's Corpse Bride)
映画ジャンル/アニメファンタジーラブストーリーコメディ

ティム・バートンのコープスブライド 特別版
ティム・バートンのコープスブライド 特別版

2005年(イギリス)
監督/ティム・バートン
製作/アリソン・アベイト、ティム・バートン
脚本/パメラ・ペトラー、キャロライン・トンプソン、ジョン・オーガスト
撮影/ピート・コザチク
音楽/ダニー・エルフマン
声の出演/ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、エミリー・ワトソン、トレイシー・ウルマン、ポール・ホワイトハウス、アルバート・フィニー、ジョアンナ・ラムレイ、リチャード・E・グラント、クリストファー・リー、マイケル・ガフ、ジェーン・ホロックス、ダニー・エルフマン、ディープ・ロイ

映画ティム・バートンのコープスブライドのあらすじ

むかしむかし、19世紀のヨーロッパのとある小さな村にビクターという青年と、ビクトリアという女性が暮らしていました。ビクター家は魚の缶詰業で成り上がり、お金はあるのですが品格というものが欠けていました。一方、ビクトリア家は由緒のある貴族なんですが、お金がなく、金庫にはクモの巣が張られている有様。そんな家庭環境を持ったビクターとビクトリアは、双方の親の目論みで、面識もないまま結婚することとなりました。しかし、内気なビクターは式のリハーサルで失敗を重ね、ついに結婚式は延期になってしまいます。すっかり落ち込んだ彼は暗い森へと1人、とぼとぼ向かいます。カラスが鳴く寂しい森の中で、結婚の誓いの言葉や、地面から突き出た細い小枝を女性の指に見立て、指輪をはめる練習をしていると…

映画ティム・バートンのコープスブライドの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画ティム・バートンのコープスブライドの感想を読む ≫

レディ・イン・ザ・ウォーター

レディ・イン・ザ・ウォーター(Lady In The Water)
映画ジャンル/ファンタジードラマミステリー

レディ・イン・ザ・ウォーター 特別版
レディ・イン・ザ・ウォーター 特別版

2006年(アメリカ)
監督/M・ナイト・シャマラン
製作/M・ナイト・シャマラン、サム・マーサー
脚本/M・ナイト・シャマラン
撮影/クリストファー・ドイル
音楽/ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演/ポール・ジアマッティ、ブライス・ダラス・ハワード、フレディ・ロドリゲス、ジェフリー・ライト、ボブ・バラバン、サリタ・チョウドリー、ビル・アーウィン、M・ナイト・シャマラン、ジャレッド・ハリス、シンディ・チャン、メアリー・ベス・ハート、ノア・グレイ=ケイビー、ジョセフ・D・ライトマン、ジューン・キョウコ・ルー、トヴァ・フェルドシャー、トム・マーデロシアン
映画賞/ゴールデンラズベリーワースト監督賞、ワースト助演男優賞(M・ナイト・シャマラン)。

映画レディ・イン・ザ・ウォーターのあらすじ

アパート“コーブ荘”の管理人、クリーブランド・ヒープ。

彼はアパートの切れた電球や壊れた設備の修理をして静かな暮らしを送っていた。夜になると度々、中庭にあるプールから不審な音が聞こえてくることを除けば、平凡な毎日だった。

ある晩、中庭のプールから水遊びをするような音が聞こえてくる。クリーブランドは懐中電灯を片手に、今日こそ正体を突止めようとプールサイドを見回る…

映画レディ・イン・ザ・ウォーターの感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

映画レディ・イン・ザ・ウォーターの感想を読む ≫

 | HOME |  NEXT ≫

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


ファンタジー >

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。