映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦場のピアニスト

戦場のピアニスト(The Pianist)
映画ジャンル/戦争ドラマノンフィクション音楽

戦場のピアニスト
戦場のピアニスト

2002年(フランス・ドイツ・ポーランド・イギリス)
監督/ロマン・ポランスキー
製作/ロベール・ベンムッサ、ロマン・ポランスキー、アラン・サルド
脚本/ロナルド・ハーウッド、ロマン・ポランスキー
撮影/パヴェル・エデルマン
音楽/ヴォイチェフ・キラール
出演/エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン、エミリア・フォックス、ミハウ・ジェブロフスキー、エド・ストッパード、モーリン・リップマン、フランク・フィンレイ、ジェシカ・ケイト・マイヤー、ジュリア・レイナー、ワーニャ・ミュエス、トーマス・ラヴィンスキー、ヨアヒム・パウル・アスベック、ポペック、ルース・プラット、ヴァレンタイン・ペルカ、ロナン・ヴィバート
映画賞/第55回カンヌ国際映画祭パルム・ドール、第75回アカデミー主演男優賞(エイドリアン・ブロディ)、監督賞(ロマン・ポランスキー)、脚色賞(ロナルド・ハーウッド)、第37回全米批評家協会作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞、第56回英国アカデミー作品賞、監督賞、第15回ヨーロッパ映画撮影賞、第27回日本アカデミー外国作品賞、第28回セザール作品賞、監督賞、主演男優賞、音楽賞、撮影賞、音響賞、美術賞。

映画戦場のピアニストのあらすじ

1939年の9月。ナチス・ドイツがポーランドに侵攻して来た日、ユダヤ系ポーランド人ピアニストのウワディク・シュピルマンは、ワルシャワのラジオ局でショパンを演奏していた。ラジオ局を襲った爆撃から逃れる途中、彼は親友の妹ドロタと出会う。

街はドイツ軍に占拠され、日に日にユダヤ人に対する締め付けが厳しくなってきたある日、ユダヤ人居住区「ゲットー」への移住命令が出される。住み慣れた家を手放し、シュピルマン家もゲットーへ向かう日、ウワディクは見送りにきていたドロタに別れを告げる。

ゲットーの中ではユダヤ人の人権はなく、ドイツ兵やゲシュタポ(ナチス・ドイツの秘密警察)による虐殺行為や、飢餓と闘う日々が待っていた―――

映画戦場のピアニストの感想 … 4/5点

スポンサーサイト

映画戦場のピアニストの感想を読む ≫

アンタッチャブル

アンタッチャブル(The Untouchables)
映画ジャンル/ノンフィクションクライムアクションドラマ

アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション
アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション

1987年(アメリカ)
監督/ブライアン・デ・パルマ
製作/アート・リンソン
脚本/デヴィッド・マメット
撮影/スティーヴン・H・ブラム
音楽/エンニオ・モリコーネ
出演/ケヴィン・コスナー、ショーン・コネリー、アンディ・ガルシア、チャールズ・マーティン・スミス、ロバート・デ・ニーロ、ビリー・ドラゴ、リチャード・ブラッドフォード、ジャック・キーホー、ブラッド・サリヴァン、パトリシア・クラークソン
映画賞/第60回アカデミー助演男優賞(ショーン・コネリー)、第45回ゴールデングローブ助演男優賞(ショーン・コネリー)、第41回英国アカデミー作曲賞(エンニオ・モリコーネ)、第30回ブルーリボン外国作品賞。

映画アンタッチャブルのあらすじ

1930年、禁酒法はシカゴをギャング戦争の街に変えた。

10億ドルの密売酒のあがりをめぐり、各組織は手投げ弾と機関銃で血で血を洗う抗争を続けた。それはギャングの時代であり、アル・カポネの時代だった―――

ある日、アル・カポネの街と化していたシカゴに、財務局捜査官のエリオット・ネスが派遣されてくる。酒の密売ルートの情報を得たネス捜査官は、シカゴ警察官らを引き連れ、酒が運び込まれた倉庫へと踏み込む。

しかし、彼の初捜査は失敗に終わり、シカゴ警察がアル・カポネに買収されていることを知る…

映画アンタッチャブルの感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

映画アンタッチャブルの感想を読む ≫

エミリー・ローズ

エミリー・ローズ(The Exorcism of Emily Rose)
映画ジャンル/ホラーミステリーサスペンスドラマノンフィクション

エミリー・ローズ(ノーカット版)デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
エミリー・ローズ(ノーカット版)デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

2005年(アメリカ)
監督/スコット・デリクソン
脚本/ポール・ハリス・ボードマン、スコット・デリクソン
音楽/クリストファー・ヤング
出演/ジェニファー・カーペンター、ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット、コルム・フィオール、ジョシュア・クローズ、ケン・ウェルシュ、ダンカン・フレイザー、JR・ボーン、メアリー・ベス・ハート、ヘンリー・ツェーニー、ショーレ・アグダシュルー

映画エミリー・ローズのあらすじ

1人の少女の身に起きた、戦慄の実話。

エミリー・ローズは寮で暮らす普通の女子大生。ある晩、1人で眠っていた彼女は、突然恐ろしい幻覚に襲われ、激しい痙攣を引き起こす。その日を境に、彼女は恐ろしい幻覚に昼夜問わずに悩まさられる。医師の治療も受けるが、回復の兆しが見えないどころか、その症状は深刻になる一方であった。ついには、日常生活さえ困難になり、実家に戻ることになる。何か恐ろしいものが取り憑いていることを確信した彼女は、地元の神父に自らの運命を託す。しかし、神父による悪魔祓いは失敗に終わり、エミリーは無惨にも命を落としてしまう。やがてエミリーの悪魔祓いを行ったムーア神父は、彼女の死の責任を問われ、過失致死罪で起訴される身となり…

映画エミリー・ローズの感想 … 4/5点

映画エミリー・ローズの感想を読む ≫

フェイク

フェイク(Donnie Brasco)
映画ジャンル/ドラマノンフィクションクライムサスペンス

フェイク エクステンデッド・エディション
フェイク エクステンデッド・エディション

1997年(アメリカ)
監督/マイク・ニューウェル
脚本/ポール・アタナシオ
原作/ジョセフ・D・ピストーネ
音楽/パトリック・ドイル
タイトルデザイン/カイル・クーパー
出演/ジョニー・デップ、アル・パチーノ、マイケル・マドセン、ブルーノ・カービー、ジェームズ・ルッソ、アン・ヘッシュ、ジェリコ・イヴァネク、ロバート・ミアノ、ゲリー・ベッカー、ブライアン・タランティナ、ロッコ・シスト

映画フェイクのあらすじ

1982年、たった一人のFBI捜査官によりマフィアの巨大なファミリーが壊滅した。当時全米を驚愕させたセンセーショナルな実話の完全映画化。潜入捜査官ジョー・ピストーネ。偽装名ドニー・ブラスコ。

映画フェイクの感想 … 4/5点

映画フェイクの感想を読む ≫

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


ノンフィクション >

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。