映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハプニング

ハプニング(THE HAPPENING)
映画ジャンル/ミステリーパニックサスペンス

ハプニング (特別編) [DVD]
ハプニング (特別編) [DVD]

2008年(アメリカ)
監督/M・ナイト・シャマラン
製作/M・ナイト・シャマラン、バリー・メンデル、サム・マーサー
脚本/M・ナイト・シャマラン
撮影/タク・フジモト
音楽/ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演/マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル、ジョン・レグイザモ、アシュリー・サンチェス、スペンサー・ブレスリン、ベティ・バックリー、ヴィクトリア・クラーク、フランク・コリソン、ロバート・ベイリー・Jr、ジェレミー・ストロング、アラン・ラック、アリソン・フォランド、クリステン・コノリー、M・ナイト・シャマラン
壁紙/ハプニングの壁紙

映画ハプニングのあらすじ

――人類は滅びたいのか。

ある日、ニューヨークのセントラルパークに訪れていた人々が、時を突然止められたかのように立ちつくす。

立ちつくした人々はその直後、唐突に自らの命を絶つという不可解な惨事が起きていた。

この異常現象はアメリカ全土へと拡がりをみせ、多くの犠牲者を生んでいく。

犠牲者に共通しているのは、死ぬ直前に言語と方向感覚を喪失していることだけであった。

この大事件を知ったフィラデルフィアの高校教師エリオットは、妻と友人らと共に安全な場所を求め、逃避行する・・・

映画ハプニングの感想(※ネタばれ注意!) … 3/5点

スポンサーサイト

映画ハプニングの感想を読む ≫

ハンニバル・ライジング

ハンニバル・ライジング(Hannibal Rising)
映画ジャンル/サスペンスクライムドラマ戦争

ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション
ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション

2007年(アメリカ・イギリス・フランス)
監督/ピーター・ウェーバー
製作/ディノ・デ・ラウレンティス、マーサ・デ・ラウレンティス、タラク・ベン・アマール
脚本/トマス・ハリス
原作/トマス・ハリス
撮影/ベン・デイヴィス
音楽/アイラン・エシュケリ、梅林茂
出演/ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンス、ケヴィン・マクキッド、スティーヴン・ウォーターズ、リチャード・ブレイク、ドミニク・ウェスト、チャールズ・マックイグノン、アーロン・トーマス、ヘレナ・リア・タコヴシュカ、イヴァン・マレヴィッチ、ゴラン・コスティッチ、インゲボルガ・ダクネイト

映画ハンニバル・ライジングのあらすじ

1944年のリトアニア。戦禍で両親を亡くしたハンニバル・レクター少年と幼い妹のミーシャは山小屋に隠れ住んでいた。

ある日、その山小屋に残忍な逃亡兵のグループがやってくる――

8年後、ソ連の孤児院で心を閉ざしたまま成長したハンニバルは、親類の住むパリへと向かい脱走する。

しかし、すでに叔父はこの世を去り、そこには未亡人の日本人女性レディ・ムラサキが暮らしていた。彼女はハンニバルを温かく迎え、次第にハンニバルの心も開きつつあった。

ある日、市場でレディ・ムラサキが侮辱されたことを切っ掛けに、ハンニバルの中に封印されていた闇の扉が開いていく・・・

映画ハンニバル・ライジングの感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

映画ハンニバル・ライジングの感想を読む ≫

犬神家の一族

犬神家の一族
映画ジャンル/ミステリーサスペンス

犬神家の一族 通常版
犬神家の一族 通常版

2006年(日本)
監督/市川崑
製作/黒井和男
脚本/市川崑、日高真也、長田紀生
原作/横溝正史
撮影/五十畑幸勇
音楽/谷川賢作
出演/石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子、萬田久子、葛山信吾、池内万作、螢雪次朗、永澤俊矢、石倉三郎、尾藤イサオ、嶋田豪、三條美紀、松本美奈子、林家木久蔵、三谷幸喜、深田恭子、奥菜恵、岸部一徳、大滝秀治、草笛光子、中村玉緒、加藤武、仲代達矢、中村敦夫

映画犬神家の一族のあらすじ

昭和22年2月、信州の犬神財閥の創始者・犬神佐兵衛(さへえ)が莫大な遺産を残し永眠についた。

佐兵衛には腹違いの3人の娘、松子(まつこ)、竹子(たけこ)、梅子(うめこ)がおり、それぞれに佐清(すけきよ)、佐武(すけたけ)、佐智(すけとも)という息子がいた。

さらに犬神家の屋敷には、佐兵衛が世話になった恩人の孫娘・野々宮珠世(たまよ)も暮らしていた──

そして、遺言状は古舘弁護士により私立探偵・金田一耕助の立ち会いのもと公開される。

「佐清、佐武、佐智のいずれかとの結婚を条件に、犬神家の全財産を珠世に譲渡する」

相続争いへと一族を駆り立てるような遺言状は、古舘弁護士の部下(若林)が予期していた一族の不吉な争いの元凶となってしまう──

映画犬神家の一族の感想(※ネタばれ注意!) … 3/5点

映画犬神家の一族の感想を読む ≫

セブン

セブン(Seven)
映画ジャンル/サスペンスバイオレンスドラマクライム

セブン プラチナム・エディション【初回限定生産】
セブン プラチナム・エディション【初回限定生産】

1995年(アメリカ)
監督/デヴィッド・フィンチャー
製作/アーノルド・コペルソン、フィリス・カーライル
脚本/アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
撮影/ダリウス・コンジ
音楽/ハワード・ショア
タイトルデザイン/カイル・クーパー
出演/ブラッド・ピットモーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、ジョン・C・マッギンレー、リチャード・ラウンドトゥリー、R・リー・アーメイ、マーク・ブーン・Jr、ダニエル・ザカパ、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー、ジョン・カッシーニ、ボブ・マック、ピーター・クロンビー、レグ・E・キャシー、ジョージ・クリスティ、リチャード・ポートナウ、ハイジ・シャンツ、エミリー・ワグナー、ケヴィン・スペイシー
映画賞/第62回NY批評家協会助演男優賞(ケヴィン・スペイシー)、第5回MTVムービー・アワード作品賞、悪役賞(ケヴィン・スペイシー)、魅惑的な男優賞(ブラッド・ピット)、第39回ブルーリボン外国作品賞

映画セブンのあらすじ

Gluttony(大食)、Greed(強欲)、Sloth(怠惰)、Lust(肉欲)、Pride(高慢)、Envy(嫉妬)、Wrath(憤怒)

「7つの大罪」は7人の死で完成する―――

新任刑事ミルズと退職間近のベテラン刑事サマセットは異様な殺人現場へと向かう。そこには食べ物の中に顔を埋め息絶えた極限まで肥満した男の死体があった。やがてベテラン刑事サマセットは、殺人現場に残された「大食」の文字を発見する。退職を間近に控えていたサマセットの脳裏に暗雲が立ち籠めはじめる…

映画セブンの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画セブンの感想を読む ≫

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード(The Da Vinci Code)
映画ジャンル/ミステリーサスペンス

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション
ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション

2006年(アメリカ)
監督/ロン・ハワード
製作/ブライアン・グレイザー、ジョン・コーリー
脚本/アキヴァ・ゴールズマン
原作/ダン・ブラウン
撮影/サルヴァトーレ・トチノ
音楽/ハンス・ジマー
出演/トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ、ジャン・レノ、ポール・ベタニー、ユルゲン・プロフノウ、エチエンヌ・シコ、ジャン=ピエール・マリエール、セス・ガベル、サム・マンキューゾ

映画ダ・ヴィンチ・コードのあらすじ

フランスのパリにあるルーヴル美術館。客足のなくなった夜、館長であるジャック・ソニエールが謎の修道士により銃撃される事件が起きる―――

講演のためパリに滞在していたハーバード大学教授ロバート・ラングドンは、フランス司法警察のファーシュ警部に事件現場であるルーヴル美術館へと呼び出される。

ラングドン教授はその夜、ジャック・ソニエール館長と面会の約束をしていたのだが、事件現場ではルネサンス期の天才レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」を模した館長の遺体と対面することになる…

映画ダ・ヴィンチ・コードの感想 … 3/5点

映画ダ・ヴィンチ・コードの感想を読む ≫

 | HOME |  NEXT ≫

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


サスペンス >

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。