映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッズ・リターン

キッズ・リターン(Kids Return)
映画ジャンル/青春ドラマコメディ

キッズ・リターン [DVD]
キッズ・リターン [DVD]

1996年(日本)
監督/北野武
脚本/北野武
撮影/柳島克己
音楽/久石譲
出演/金子賢、安藤政信、森本レオ、山谷初男、柏谷享助、大家由祐子、石橋凌、寺島進、モロ師岡、北京ゲンジ、植田あつき、吉田晃太郎、重久剛一、芦川誠、津田寛治、平泉征、倉崎青児、日野陽仁、大杉漣、十貫寺梅軒、小池幸次、井上博一、谷本一、田村元治、神田瀧夢、菊川浩二、宮藤官九郎、鴇崎憲雄、伊藤幸純、杉崎峰夫、小谷欣也、谷口準、仙波和之、三田恭平、水島新太郎、ジャンボ杉田、ト字たかお、下絛正巳、丘みつ子
映画賞/第20回日本アカデミー新人俳優賞(金子賢、安藤政信)。第39回ブルーリボン監督賞(北野武)。第6回日本映画プロフェッショナル監督賞(北野武

映画キッズ・リターンのあらすじ

きめ細やかに、淡々と――
北野武が容赦なく描く「青春

高校に通うマサルとシンジ。いつもつるんで悪戯やカツアゲをし、勝手気ままに過ごす落ちこぼれ。

ある日マサルは、以前カツアゲした高校生の呼んだ助っ人に簡単に伸されてしまう。

その事がきっかけとなり、マサルはボクシングジムへ入門する。

後日、シンジも半ば強制的にボクシングジムへ入門させられる。

しかし、皮肉にもボクシングの素質を見込まれたのは、つきあいで始めたシンジの方だった・・・。

映画キッズ・リターンの感想 … 5/5点

スポンサーサイト

映画キッズ・リターンの感想を読む ≫

オー・ブラザー!

オー・ブラザー!(O BROTHER, WHERE ART THOU?)
映画ジャンル/クライム音楽コメディアドベンチャー

オー・ブラザー!
オー・ブラザー!

2000年(アメリカ)
監督/ジョエル・コーエン
製作/イーサン・コーエン
脚本/イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン
撮影/ロジャー・ディーキンス
音楽/T=ボーン・バーネット
出演/ジョージ・クルーニー、ジョン・タートゥーロ、ティム・ブレイク・ネルソン、ジョン・グッドマン、ホリー・ハンター、クリス・トーマス・キング、チャールズ・ダーニング、デル・ペンテコスト、マイケル・バダルコ、ウェイン・デュヴァル、レイ・マッキノン、フランク・コリソン、ダニエル・フォン・バーゲン
映画賞/第58回ゴールデン・グローブ男優賞:コメディ/ミュージカル(ジョージ・クルーニー)。ラスベガス映画批評家協会最優秀撮影賞。グラミー賞2002 最優秀アルバム賞(2001年全国劇場公開作品)
壁紙/オー・ブラザー!壁紙800x600。オー・ブラザー!壁紙21024x768。オー・ブラザー!壁紙31024x768。オー・ブラザー!壁紙41024x768。

映画オー・ブラザー!のあらすじ

――だから、人生はおもしろい。

1930年代のアメリカ南部のミシシッピー州。

口が達者なエヴェレット、少し短気なピート、単純なデルマーら3人の囚人は、脱獄を敢行する。

彼らには大きな目的があった。

昔、エヴェレットが強盗し埋めておいた120万ドルを掘り起こすこと。

タイムリミットは4日しかない。それを過ぎるとダムの底に沈み、120万ドルは水の泡と化してしまう。

かくして始まった3人の旅はハプニングの連続。

果たして彼らは目的を達成できるのか!?

映画オー・ブラザー!の感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

映画オー・ブラザー!の感想を読む ≫

リトル・ミス・サンシャイン

リトル・ミス・サンシャイン(LITTLE MISS SUNSHINE)
映画ジャンル/ドラマコメディ

リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ミス・サンシャイン

2006年(アメリカ)
監督/ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス
製作/アルバート・バーガー、ピーター・サラフ、デヴィッド・T・フレンドリー、マーク・タートルトーブ、ロン・イェルザ
脚本/マイケル・アーント
撮影/ティム・サーステッド
音楽/マイケル・ダナ
出演/グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル、アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン、ブライアン・クランストン、マーク・タートルトーブ、ベス・グラント、ゴードン・トムソン、メアリー・リン・ライスカブ、マット・ウィンストン、ジェフ・ミード、ジュリオ・オスカー・メチョソ、ウォレス・ランガム
映画賞/第79回アカデミー助演男優賞(アラン・アーキン)、脚本賞(マイケル・アーント)。第32回LA批評家協会ニュー・ジェネレーション賞(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス、マイケル・アーント)。第60回英国アカデミー助演男優賞(アラン・アーキン)、オリジナル脚本賞(マイケル・アーント)。第22回インディペンデント・スピリット作品賞、監督賞(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス)、助演男優賞(アラン・アーキン、ポール・ダノ)、新人脚本賞(マイケル・アーント)。第12回放送映画批評家協会アンサンブル演技賞、脚本賞(マイケル・アーント)、若手男優賞(ポール・ダノ)、若手女優賞(アビゲイル・ブレスリン)。第19回東京国際映画祭最優秀監督賞(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス)、最優秀女優賞(アビゲイル・ブレスリン)。第32回セザール外国映画賞(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス)。
壁紙/リトル・ミス・サンシャイン壁紙1280x1024。

映画リトル・ミス・サンシャインのあらすじ

夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く―――

アリゾナ州の田舎町に住むフーヴァー一家は、家族それぞれに問題を抱えていた。

パパのリチャードはうさんくさい人生哲学を語り“負けを拒否する!”をモットーとする成功論提唱者。

長男ドウェーンは巨大なニーチェ画を飾った自室にこもり、沈黙を続ける変わり者。

小太りで眼鏡をかけた9歳の妹オリーヴはビューティー・クィーンを夢見て、ミスコンのビデオを研究中。

ヘロイン吸引で夢見心地となっているグランパは勝手言いたい放題。

そんな平穏とは程遠いフーヴァー家の主婦シェリルが、夫リチャードの反対をよそに、自殺未遂で入院していた兄フランクを自宅へ連れ帰る・・・

映画リトル・ミス・サンシャインの感想(※ネタばれ注意!)… 4/5点

映画リトル・ミス・サンシャインの感想を読む ≫

花とアリス

花とアリス
映画ジャンル/青春コメディラブストーリー

花とアリス 特別版
花とアリス 特別版

2004年(日本)
監督/岩井俊二
脚本/岩井俊二
撮影/角田真一
美術/種田陽平
音楽/岩井俊二
出演/蒼井優、鈴木杏、郭智博、相田翔子、阿部寛、平泉成、木村多江、坂本真、大沢たかお、広末涼子、ふせえり、ルー大柴、アジャ・コング、叶美香、伊藤歩、中野裕之、虻川美穂子、梶原善、テリー伊藤、大森南朋、松尾れい子
映画賞/第14回日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞(蒼井優

映画花とアリスのあらすじ

―――君、だれ?

中学卒業を控えた荒井花(ハナ)と有栖川徹子(アリス)の2人は同じバレエ教室に通う親友。

ハナは通学電車の中で見かけた高校生の宮本に密かに恋をしていた。

やがてハナとアリスは宮本と同じ高校へ進学し、ハナは憧れの宮本と同じ落研に入部する。

明くる日、宮本が歩きながら落語の本を読んでいると、熱中するあまりシャッターに頭をぶつけ転倒してしまう。後をつけていたハナは慌てて駆け寄り、意識朦朧とする宮本に、自分が恋人だと信じ込ませようとする・・・

映画花とアリスの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画花とアリスの感想を読む ≫

フラガール

フラガール
映画ジャンル/ドラマコメディ

フラガール メモリアルBOX
フラガール メモリアルBOX

2006年(日本)
監督/李相日(リ・サンイル)
製作/李鳳宇(イ・ボンウ)、河合洋、細野義朗
脚本/李相日、羽原大介
撮影/山本英夫
美術/種田陽平
音楽/ジェイク・シマブクロ(Jake Shimabukuro)
出演/松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、富司純子、山崎静代、岸部一徳、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、大河内浩、菅原大吉、山田明郷、高橋克実
映画賞/第30回日本アカデミー作品賞、助演女優賞(蒼井優)、監督賞(李相日)、脚本賞(李相日、羽原大介)、話題賞。第49回ブルーリボン作品賞、主演女優賞(蒼井優)、助演女優賞(富司純子)

映画フラガールのあらすじ

人生には降りられない舞台がある―――
町のため、家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女達はフラダンスに挑む

昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。この町の男達は数世代に渡り炭坑夫として働き、女達もまた選炭婦として働いてきた。

しかし、時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次いでいる。
この危機を救うために炭鉱会社が構想したのが、レジャー施設「常磐ハワイアンセンター」だった。

「求む、ハワイアンダンサー」
の貼り紙を見つけた早苗は紀美子を誘い説明会へと向かう。

明くる日、東京からフラダンスの教師としてプロのダンサーを招くが、教える相手がズブの素人と知り、完全にやる気を失ってしまう・・・。

映画フラガールの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画フラガールの感想を読む ≫

 | HOME |  NEXT ≫

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


コメディ >

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。