映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オー・ブラザー!

オー・ブラザー!(O BROTHER, WHERE ART THOU?)
映画ジャンル/クライム音楽コメディアドベンチャー

オー・ブラザー!
オー・ブラザー!

2000年(アメリカ)
監督/ジョエル・コーエン
製作/イーサン・コーエン
脚本/イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン
撮影/ロジャー・ディーキンス
音楽/T=ボーン・バーネット
出演/ジョージ・クルーニー、ジョン・タートゥーロ、ティム・ブレイク・ネルソン、ジョン・グッドマン、ホリー・ハンター、クリス・トーマス・キング、チャールズ・ダーニング、デル・ペンテコスト、マイケル・バダルコ、ウェイン・デュヴァル、レイ・マッキノン、フランク・コリソン、ダニエル・フォン・バーゲン
映画賞/第58回ゴールデン・グローブ男優賞:コメディ/ミュージカル(ジョージ・クルーニー)。ラスベガス映画批評家協会最優秀撮影賞。グラミー賞2002 最優秀アルバム賞(2001年全国劇場公開作品)
壁紙/オー・ブラザー!壁紙800x600。オー・ブラザー!壁紙21024x768。オー・ブラザー!壁紙31024x768。オー・ブラザー!壁紙41024x768。

映画オー・ブラザー!のあらすじ

――だから、人生はおもしろい。

1930年代のアメリカ南部のミシシッピー州。

口が達者なエヴェレット、少し短気なピート、単純なデルマーら3人の囚人は、脱獄を敢行する。

彼らには大きな目的があった。

昔、エヴェレットが強盗し埋めておいた120万ドルを掘り起こすこと。

タイムリミットは4日しかない。それを過ぎるとダムの底に沈み、120万ドルは水の泡と化してしまう。

かくして始まった3人の旅はハプニングの連続。

果たして彼らは目的を達成できるのか!?

映画オー・ブラザー!の感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

スポンサーサイト

映画オー・ブラザー!の感想を読む ≫

鉄コン筋クリート

鉄コン筋クリート
映画ジャンル/アニメドラマクライムバイオレンス

鉄コン筋クリート (通常版)
鉄コン筋クリート (通常版)

2006年(日本)
監督/マイケル・アリアス
アニメーション製作/STUDIO4℃
脚本/アンソニー・ワイントラーブ
原作/松本大洋
美術監督/木村真二
色彩設計/伊東美由樹
音楽/Plaid
声の出演/二宮和也(クロ)、蒼井優(シロ)、伊勢谷友介(木村)、宮藤官九郎(沢田)、大森南朋(チョコラ)、岡田義徳(バニラ)、森三中(小僧)、納谷六朗(じっちゃ)、西村知道(藤村)、麦人(組長)、田中泯(ネズミ)、本木雅弘(蛇)
壁紙/鉄コン筋クリートの壁紙 1280x1024

映画鉄コン筋クリートのあらすじ

義理と人情とヤクザの地獄の街、宝町。

その街を根城として自由に飛び回るネコと呼ばれる2人の少年、クロとシロ。

ある日、昔なじみのヤクザ、通称ネズミが街に戻ってきた。ずっと変わらなく見えた宝町に、子供の城建設プロジェクトなる不穏な動きが見え始める。

不気味な3人組の殺し屋、背後にチラつく謎の男、蛇。

宝町が大きく動く時、2人の運命も大きく揺り動かされる―――

映画鉄コン筋クリートの感想 … 4/5点

映画鉄コン筋クリートの感想を読む ≫

ハンニバル・ライジング

ハンニバル・ライジング(Hannibal Rising)
映画ジャンル/サスペンスクライムドラマ戦争

ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション
ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション

2007年(アメリカ・イギリス・フランス)
監督/ピーター・ウェーバー
製作/ディノ・デ・ラウレンティス、マーサ・デ・ラウレンティス、タラク・ベン・アマール
脚本/トマス・ハリス
原作/トマス・ハリス
撮影/ベン・デイヴィス
音楽/アイラン・エシュケリ、梅林茂
出演/ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンス、ケヴィン・マクキッド、スティーヴン・ウォーターズ、リチャード・ブレイク、ドミニク・ウェスト、チャールズ・マックイグノン、アーロン・トーマス、ヘレナ・リア・タコヴシュカ、イヴァン・マレヴィッチ、ゴラン・コスティッチ、インゲボルガ・ダクネイト

映画ハンニバル・ライジングのあらすじ

1944年のリトアニア。戦禍で両親を亡くしたハンニバル・レクター少年と幼い妹のミーシャは山小屋に隠れ住んでいた。

ある日、その山小屋に残忍な逃亡兵のグループがやってくる――

8年後、ソ連の孤児院で心を閉ざしたまま成長したハンニバルは、親類の住むパリへと向かい脱走する。

しかし、すでに叔父はこの世を去り、そこには未亡人の日本人女性レディ・ムラサキが暮らしていた。彼女はハンニバルを温かく迎え、次第にハンニバルの心も開きつつあった。

ある日、市場でレディ・ムラサキが侮辱されたことを切っ掛けに、ハンニバルの中に封印されていた闇の扉が開いていく・・・

映画ハンニバル・ライジングの感想(※ネタばれ注意!)… 3/5点

映画ハンニバル・ライジングの感想を読む ≫

セブン

セブン(Seven)
映画ジャンル/サスペンスバイオレンスドラマクライム

セブン プラチナム・エディション【初回限定生産】
セブン プラチナム・エディション【初回限定生産】

1995年(アメリカ)
監督/デヴィッド・フィンチャー
製作/アーノルド・コペルソン、フィリス・カーライル
脚本/アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
撮影/ダリウス・コンジ
音楽/ハワード・ショア
タイトルデザイン/カイル・クーパー
出演/ブラッド・ピットモーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、ジョン・C・マッギンレー、リチャード・ラウンドトゥリー、R・リー・アーメイ、マーク・ブーン・Jr、ダニエル・ザカパ、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー、ジョン・カッシーニ、ボブ・マック、ピーター・クロンビー、レグ・E・キャシー、ジョージ・クリスティ、リチャード・ポートナウ、ハイジ・シャンツ、エミリー・ワグナー、ケヴィン・スペイシー
映画賞/第62回NY批評家協会助演男優賞(ケヴィン・スペイシー)、第5回MTVムービー・アワード作品賞、悪役賞(ケヴィン・スペイシー)、魅惑的な男優賞(ブラッド・ピット)、第39回ブルーリボン外国作品賞

映画セブンのあらすじ

Gluttony(大食)、Greed(強欲)、Sloth(怠惰)、Lust(肉欲)、Pride(高慢)、Envy(嫉妬)、Wrath(憤怒)

「7つの大罪」は7人の死で完成する―――

新任刑事ミルズと退職間近のベテラン刑事サマセットは異様な殺人現場へと向かう。そこには食べ物の中に顔を埋め息絶えた極限まで肥満した男の死体があった。やがてベテラン刑事サマセットは、殺人現場に残された「大食」の文字を発見する。退職を間近に控えていたサマセットの脳裏に暗雲が立ち籠めはじめる…

映画セブンの感想(※ネタばれ注意!)… 5/5点

映画セブンの感想を読む ≫

ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城
映画ジャンル/アニメアクションコメディクライムドラマ

ルパン三世 - カリオストロの城
ルパン三世 - カリオストロの城

1979年(日本)
監督/宮崎駿(宮駿)
製作/藤岡豊
脚本/宮崎駿、山崎晴哉
原作/モンキー・パンチ
音楽/大野雄二
声の出演/山田康雄、小林清志、増山江威子、井上真樹夫、納谷悟郎、島本須美、石田太郎、宮内幸平、永井一郎、山岡葉子、常泉忠通、梓欽造、平林尚三、寺島幹夫、野島昭生、鎌田順吉、松岡重治、阪脩
映画賞/第18回大藤信郎賞(おおふじのぶろうしょう)

映画ルパン三世 カリオストロの城のあらすじ

怪盗ルパン三世と相棒の次元大介はモナコの国営カジノから大量の売上金を盗み出すことに成功する。逃走中の車内でルパンは札束が伝説の偽札、ゴート札だと言うことに気付く―――

ゴート札の秘密を探りにヨーロッパの独立国家カリオストロ公国への入国を果たしたルパンらの車の横を、ウェディングドレス姿の少女が運転する車が勢い良く追い越して行く。間髪入れず人相の悪い男達が乗り込む車が少女の乗る車に押し迫る。ルパンらは少女を助けるべく二台の車を追跡しはじめる…

映画ルパン三世 カリオストロの城の感想… 4/5点

映画ルパン三世 カリオストロの城の感想を読む ≫

 | HOME |  NEXT ≫

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


クライム >

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。