映画山脈

映画山脈ではなるべくネタばれ無しの映画感想を心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境に感想にはネタばれが付きものと考え運営中です。未見の方はあらすじだけを鑑賞のご参考にしてください。映画一覧リストあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード(The Da Vinci Code)
映画ジャンル/ミステリーサスペンス

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション
ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション

2006年(アメリカ)
監督/ロン・ハワード
製作/ブライアン・グレイザー、ジョン・コーリー
脚本/アキヴァ・ゴールズマン
原作/ダン・ブラウン
撮影/サルヴァトーレ・トチノ
音楽/ハンス・ジマー
出演/トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ、ジャン・レノ、ポール・ベタニー、ユルゲン・プロフノウ、エチエンヌ・シコ、ジャン=ピエール・マリエール、セス・ガベル、サム・マンキューゾ

映画ダ・ヴィンチ・コードのあらすじ

フランスのパリにあるルーヴル美術館。客足のなくなった夜、館長であるジャック・ソニエールが謎の修道士により銃撃される事件が起きる―――

講演のためパリに滞在していたハーバード大学教授ロバート・ラングドンは、フランス司法警察のファーシュ警部に事件現場であるルーヴル美術館へと呼び出される。

ラングドン教授はその夜、ジャック・ソニエール館長と面会の約束をしていたのだが、事件現場ではルネサンス期の天才レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」を模した館長の遺体と対面することになる…

映画ダ・ヴィンチ・コードの感想 … 3/5点

スポンサーサイト

映画ダ・ヴィンチ・コードの感想を読む ≫

アメリ

アメリ(Le Fabuleux Destin d'Am醇Plie Poulain)
映画ジャンル/コメディラブストーリーファンタジー

アメリ
アメリ

2001年(フランス)
監督/ジャン=ピエール・ジュネ
脚本/ジャン=ピエール・ジュネ、ギョーム・ローラン
撮影/ブリュノ・デルボネル
製作/クローディー・オサール
音楽/ヤン・ティルセン
出演/オドレイ・トトゥ、マチュー・カソヴィッツ、ヨランド・モロー、ジャメル・ドゥブーズ、イザベル・ナンティ、ドミニク・ピノン、リュファス、アンドレ・デュソリエ 映画賞/第55回英国アカデミーオリジナル脚本賞、プロダクションデザイン賞。第14回ヨーロッパ映画作品賞、監督賞、撮影賞。第17回インディペンデント・スピリット監督賞。第27回セザール作品賞、監督賞、音楽賞、美術賞。

映画アメリのあらすじ

幼い頃から空想好きな女の子アメリは、大人になりモンマルトルのカフェで働いている。彼女の好きなことは、映画館で映画を観る人の顔を見ること、クリーム・ブリュレのカリカリの焼き目をスプーンで壊すことと、どこか少し変わっていた。現実との付き合いが苦手なアメリは、ある日、自宅のアパートのバスルームで偶然子供の宝箱を見つける。その夜、宝箱を持ち主に返すことを思いつく――

そのことをきっかけに、周りの人たちを幸せにする小さな悪戯をしかけることで、現実との付き合いにバランスが保たれはじめ、喜びを感じていた。そんな彼女の前に、初めて自分と同じような匂いのする青年が現れる…

映画アメリの感想 … 5/5点

映画アメリの感想を読む ≫

 | HOME | 

☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆

はじめに・・・

ピクセル

Author:ピクセル

プロフィール

性別:漢
年齢:大きな戦争を2回経験済み
趣味:悪戯、嫌がらせ、ネイルアート、ドライブ、キャンプ
特技:白目で食事、居留守、作ること
苦手:悪戯や嫌がらせをされること、空襲と奇襲、自己紹介

FC2 Blog Ranking に参加中。

映画山脈では・・・

当ブログ映画山脈では5点満点で映画を評価しています。基本的には映画の感想はネタばれのないように心がけてきましたが、ブログ開設1周年を境にネタばれに神経質にならずに感想を書いて行こうと思っています。致命的なネタばれには「ネタばれ危険!」と表記していますが「映画山脈について」に詳細を記載してありますので、1度ご覧頂けたらと思います。

アンテナでは、映画の気になったニュースなどを紹介していこうと考えています。

雑記は映画とは関係なく気になった事象などを書き留めていこうと思っています。

映画の点数の内容

5点…深く感動したお気に入りの映画。
4点…とても楽しめる好きな映画。
3点…それなりに楽しめる映画。
2点…少し不満が残ってしまった映画。
1点…不満だらけの映画。

趣味嗜好などは千差万別だと思います。気分を害されたらごめんなさい。映画山脈記事一覧

ブログをはじめるなら FC2

無料ブログ FC2開設はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド


オドレイ・トトゥ >

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

Ads by Pixel

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。